私的名盤紹介―真の雑食を目指して

自分の心に残った作品を紹介することで、新たな音楽を見つけるきっかけとして頂ければ嬉しいです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

この記事をはてなブックマークに追加

  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

今日の一枚(296)

Album: Montage
Artist: カヒミ・カリィ
Genres: Pops, Electronica, Jazz, Experimental

Montage.jpg

日本の歌手、作詞家。1968年生まれ。本名は比企真理。デビューは1991年で、ラブ・タンバリンズや
藤原ヒロシなどを抱えていた瀧見憲司のCruel Recordsのオムニバスアルバムである
Blow Upでソロデビューを果たします。その前にも、Flipper's Guitar監修のオムニバスアルバム
であるFab Gearでもボーカリストとして参加するなど、初期からいわゆる渋谷系の全盛期に、
重要人物との邂逅を果たした彼女は、小山田圭吾のトラットリア(詳細はカジヒデキの項を参照)から
ハイペースで作品をリリースすることとなります。フレンチポップ色を前面に出した
1996年作のLe Roi Soleilをリリースしてからはパリへと移住し、活動を続けています。
渋谷系のムーブメントが縮小していった90年代末から、
3年の沈黙を経て、2003年に発表された4thアルバムのTrapezisteでは、
フリージャズと電子音楽のクロスオーバーとも言える音楽性を見せていくこととなります。
因みにこの作品ではジャズミュージシャンでもあり文筆家でもある、元ティポグラフィカの
菊地成孔を含めたDate Course Pentagon Royal Gardenのメンバーが演奏に参加しています。
今回紹介するのは2004年作の5th。Trapezisteに続いてDCPRGのメンバーが参加していながら、
フリージャズ~アバンギャルドなサウンドからはもう少し聴きやすくなっています。
その一方で、小山田圭吾との再会も果たしており、彼がPointで見せたアンビエントと民族音楽、
ギターポップの融合というポスト渋谷系の音像が一部取り入れられています。
活動初期のフレンチポップを髣髴とさせる楽曲も収録されており、多彩な作風となっています。
ただし全体としては、巧みなサンプリングとシンセの織り成す生々しいサウンドが
多くを占めています。
ぎこちないアコギのストロークと、ノイジーなタッチノイズが印象的な
#1When will you be back?は、彼女の作品でも度々登場するローファイな音像で、
単純に繰り返される歌詞に漠然とした不安を掻き立てられます。
9分超えの長尺曲#2Making our worldは、クリーントーンのギターリフと、ジャリッとしたノイズが
パーカッシブに鳴る中で始まり、ダブっぽいビートの強いトラックへと変化していきます。
サイレンのようなトーンのシンセフレーズは、さながらフリージャズのようでもあります。
途中から淡々とした語りが入って、徐々にテンポダウンしていきます。
訛りのある英語の発音も非常に雰囲気があって素晴らしい。最後の2分間は再び
冒頭のテーマが登場して終わっていきます。
アフリカンなパーカッションのリズムに、サンプリングされたウィスパーボイスと
電子音を覆い被せた冒頭部から唐突に歌が入る#3Free lineは、
レイドバックし、ゆっくりとした、グルーブの間を埋めるスラップベースのような働きをなす
シンセベースが最高。ワウの掛かったトーンもクールです。
金属音のようなシンセが、このゆったりした雰囲気の中で鋭さを放っています。
ピコピコした電子音はチープさがあって、さながらKraftwerkのような、時代を感じる音です。お気に入り。
喧騒のSEから始まり、木琴のサンプリングと思われる音、ノイズ交じりのキックが
複雑なリズムを構成する#4Pancartes<蟻の行列>は、断片化されたフランス語の語りが
散りばめられ、曲に無数の抑揚を作っています。
雷雨と車のクラクションで終わっていきます。お気に入り。
さざ波の音とボサノヴァ色の強いアコギに、微かな声で囁くように歌う彼女のボーカリゼーションを
堪能できる#5柔らかい月も、背後に不穏な、機械音のような電子音とフリーキーな管のブロウが
配置されていて、一筋縄では行きません。
うねったシンセの音が間近に迫ってくる#7Driversは、水の滴る音のサンプリングが配され、
足音のように迫ってくるリズムで進んでいきます。歌が入ってからはピアノやストリングスの
華やかなサウンドが印象的で、ヴォリューム奏法のギターのような音も入っていて、
暖かいフィーリングがあり牧歌的というか幻想的です。
シンプルなギターリフと、その後ろで低音の強く出たベースが存在感を放つ#8Gila Gilaに続いて、
#9I call you call meはモダンなR&Bのようなグルーブを作る、音数の削ぎ落とされたトラックに、
本作の中ではハッキリとしたメロディを歌うボーカルが入っていて聴きやすいです。
途中で電話をする少女の声が入ってきたりと、歌詞の内容とのリンクが図られています。
曲後半のキラキラとしたSEが印象的なインストパートでは、シャラシャラと貝殻が擦れるような
音が心地よいです。
先行シングルの#10NANAはファンキーなブラスとメロディアスなベースライン、
スウィンギーなリズムで一際キャッチーな一曲です。
日本のポップスの歴史の中で、過去作品へのあからさまな引用(ヒップホップ的なサンプリングを
含んだ)や民族音楽への接近、日本のポップスの黎明期の作品へのオマージュ、
ハウスやダブ、ミニマルテクノといった電子音楽への接近といったように、
数々の重要な「実験」が試行された、渋谷系という極端に閉鎖的なムーブメントは、
多くの優れた才能を輩出しました。スタイル重視の音楽は精神性や思想の欠如を批判される
機会が多いという問題は、当時を生きたミュージシャンやリスナーにも浅からぬ対立や
嫌悪を生み出したように思われますが、
私はこの軽やかでインテリジェントで、上品にセオリーから逸脱した音楽を指向した
「実験音楽」と、それを生み出した、良い意味で不健康で妖しい魅力を放つ時代の空気に、
少なからぬ憧れを抱いています。傑作。

Making our world

Free line

柔らかい月

I call you call me

スポンサーサイト

この記事をはてなブックマークに追加

  1. 2014/05/19(月) 17:24:17|
  2. カヒミ・カリィ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<今日の一枚(297) | ホーム | 今日の一枚(295)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://grooveisalliwant.blog.fc2.com/tb.php/329-0f3f8493
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Systematic Chaos

Author:Systematic Chaos
独断と偏見により、お気に入りのCDを紹介して行きます。
医学部医学科の大学生として臨床医となるべく勉強しています。
山下達郎ファンクラブ
TATSURO MANIA会員。
水樹奈々ファンクラブ
S.C. Nana Net 会員。
上坂すみれファンクラブ
コルホーズの玉ねぎ畑 会員。
初心者ですが宜しくお願いします。
好きなジャンル:
1. AOR, MOR, ソフトロック
2. R&B,ファンク, モータウン,
ニュージャックスウィング,
フィラデルフィアソウル, シカゴソウル,
ブルーアイドソウル
3. ポップス、Jポップ
渋谷系、ニューミュージック
4. プログレッシブロック
5. ハードロック, へヴィメタル,
プログレッシブメタル, スラッシュメタル,
メロディックデスメタル,ブラックメタル
6. ジャズ,フュージョン,
ハードフュージョン, アシッドジャズ,
ハード・バップ, ジャズファンク,
ジャズロック
7. ジャジーヒップホップ,
オルタナティブヒップホップ
8. エモ, スクリーモ
9. ハウス, アシッドハウス,ディスコ

ライブラリは50,000曲ほどです。
ヘッドフォンはAKGのQ701、Audio TechnicaのATH-ESW9、
イヤフォンはShure-SE425を使っています。
iPod ClassicにTEAC-HAp50またはATH-PHA31i(ポータブルヘッドフォンアンプ)を挿して聴いています。
ブログとして記事を書くことを通じて
自分のライブラリと向き合ってみると、
相当趣味が偏ってるということを
痛感しています。
これから沢山の音楽に触れ、勉強していきたいです。
たまに医学関連の記事や日々の雑感を書いております。
※当ブログはリンクフリーです。
コメント下さると励みになります。
下さったら嬉しいです。
※Twitterもやっております。
アカウント名はprivategrooveです。
https://twitter.com/privategroove
こちらでもおすすめの音楽など情報を流しております!
フォロー下さると嬉しいです。
可能な限りフォローバック、コメントしに参ります。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

総閲覧者数(ユニークアクセス)

アクセスカウンター(PV数, 2013/12/26より集計)

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

にほんブログ村 CDレビュー

にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村

Feedly(RSSリーダー)で「私的名盤紹介」を読む

RSSリーダーとは、Google, Feedlyなど複数あるアプリまたはサイトを用いて自身で登録したブログの更新を自動で確認し、さらにブログ記事をテキストと画像、リンクのみの軽い状態で見ることができるツールです。 管理人も便利ですので積極的に使っております。 Feedlyにはスマホ向けアプリもありますが、PCはブラウザで操作でき動作も軽いため使っております。

follow us in feedly

「私的名盤紹介」管理人Twitterをフォローする

私的名盤紹介トップページをはてなブックマークに登録する

「私的名盤紹介」トップページをはてなブックマークに追加

「私的名盤紹介」管理人によるはてなブックマークを見る

管理人が普段見ている音楽系サイトで、気になる記事について、日々 「はてなブックマーク」を使ってコメントを付け、まとめております。 当サイトであまり取り扱わない音楽ジャンルの記事、年間ベスト、評論など雑多に取り扱っています。フォロー頂けると嬉しいです。

私的名盤紹介はてなブックマーク

「私的名盤紹介」管理人Twitter

TweetsWind

にほんブログ村ランキング(CD Review)

もし記事を楽しんでいただけましたら、お手数ですが 下の「このブログに投票」のところをクリックしていただけると大変嬉しいです。 投票はランキングに反映されます。

RSSリンクの表示

Ninja Tools(アクセス解析)

検索フォーム

相互リンク 音楽系レビューサイト

このブログをリンクに追加する

現在の閲覧者数

現在の閲覧者数:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。