私的名盤紹介―真の雑食を目指して

自分の心に残った作品を紹介することで、新たな音楽を見つけるきっかけとして頂ければ嬉しいです。

今日の一枚(298)

Album: Anima
Artist: Spheric Universe Experiment
Genres: Progressive Metal, Symphonic Metal

Spheric Universe Experimence


1999年にフランスで結成されたプログレッシブ・メタル/シンフォニック・メタルバンド。
ギタリストのVince BenaimとベーシストのJohn Draiを中心として結成され、
幾度かのメンバーチェンジを繰り返しながら活動を続けています。2007年作の2nd。
ボーカリストのFrank Garciaは、2003年にSperic Universe Experimence名義で発表した
1stアルバムであるMental Tormentsのレコーディング時のセッションでメンバーとなっています。
またキーボーディストのFred Colomboは日本が好きなようで、楽曲の中に日本語の語りを入れた
ものも収録されています。この1stはJailhouse Studioで録音され、彼らと契約を結んだ
Replica Recordsから世界で発表されることとなりました。
2005年にはScorpionsのワールドツアーで、Colmarでのライブの前座を務めるなど、
徐々にその知名度を上げていきます。
2007年にはProgPower Scandinaviaというプログレメタル関連のフェスに参加しています。
本作では、英語、イタリア語、フランス語、スペイン語、日本語の歌詞が楽曲中に
積極的に用いられており、メロディに対する乗り方に合わせて巧みに言語が選択されています。
非常に高い演奏力と、複雑なリズム構成を特徴とするプログレメタルとしては、
真っ先にDream Theaterと比較されるのでしょうが、Dream Theaterがフレーズの所々に
中東っぽい香りを漂わせるのに対して、彼らはよりシンフォニックなサウンドで、
キーボードの音にはアンビエント寄りのアプローチが多く見られる点は個性的だと思います。
ジャズからの影響も見て取れますが、この部分に関してはJordan Rudessのキーボードにも
勿論そうしたフレーズがあるので彼らに特有とは言えないかもしれません。
ともかくFred Colombo(Key)のテクニックや音作り、フレーズの引き出しの多さは
特筆すべきものがあると思います。素晴らしいキーボーディストに出会えました。
ローファイなイントロと、空間中を蠢くシンセが印象的な#1Scepticは、
スピードメタル並みのドコドコなドラムスと、安定感抜群の強く歪んだリフで進行していきます。
テクニカルさは控えめですがクリーンのヴォーカルも透き通っていて聴きやすいです。
後半には激しいリズムチェンジと、バリバリの速弾きシンセが聴けます。
ラストサビでは、エモショーナルなピアノのバッキングもあって展開の多い一曲。
2分半程度のスキット#2Beingは、もろにDream Theaterなフレーズを弾き倒すギターに
思わずニヤリとしてしまいます。
シームレスに続いていく#3The Inner Questは、分厚いオルガンの醸し出す音が味付けする
メロディックスピードメタルという感じで、インストパートのプログレッシブさと、
歌のバックでの硬いグルーブのある演奏との抑揚が付けられていて素晴らしい。お気に入り。
波の音と雷のSEが不気味さを演出する#4Neptune's Revengeは、曲に入る前の大仰なキメと
変拍子の連発される展開で一気に引き込まれます。長くクラシカルな速弾きのキーボードソロと、
ライブでコール&レスポンスを楽しめそうな部分もあって楽しそうです。
最後は煌びやかなピアノソロで静かに終わっていきます。これもお気に入り。
さらにシームレスに続くスキット#5Stormy Domeは、オペラティックな高音のコーラスと、
静謐なアルペジオで聴かせます。
#6World Of Madnessは、その綺麗な音のままのピアノがバックで軽やかに弾かれる中で、
随所随所にギターが難解なフレーズを入れていきます。大袈裟にタムを回したドラムを起点に
ボーカルが入っていきます。サビの前に一瞬ベースと電子音の入る展開や、
唐突にインストパートに変化する部分も緩急が付いていて、良い意味で予想を裏切ってきます。
後半には長いポエトリーリーディングがあり、そこからはキーボードの独壇場です。上手いです。
ハイトーンは若干苦しそうですが、それが曲にリアリティを与えています。
#7End Of Traumaは、メロディックなシンセのリフをテーマにしてゴリゴリと展開していきます。
テンポを落として、ハイハットの細やかな刻みが心地よいパートはバラードのように、
そこからはまたハードになります。複雑なコーラスワークと、捻くれたメロディも聴き所です。
キーボードソロのバックでは殆どスラッシュメタルのようなリフを刻んだり、
忙しないリズムギターもあり、ベースソロがあり、と色々と一曲の中に詰め込まれています。
7:30あたりのキーボードソロはさながらファミコンのようで面白い。
冒頭に男性の訥々とした日本語の語りが所々に入った#8Heal My Painは、
少し恥ずかしくなってしまいますが、内容としてはミドルテンポで
タメの効いたトラックになっています。3:00あたりからテンポアップとダウンを繰り返して
緩急を付けています。ギターソロもどこか哀愁の漂うものになっています。
一番の見せ所は一際長くブルージーなベースソロでしょう。
10分以上の長尺曲#10The Keyは、ピアノのダークなリフレインの中で語りが入り、
80年代末のような懐かしい音のシンセが入ってきます。
フュージョンのようなフィーリングのあるシンセの音に対して、歪みのギターはモダンな音で、
この対比も面白いです。メロディのクサさ、コーラスの大仰さは如何にもイタリア的な情緒が
あります。キーボードソロは非常に面白いです。ギターは音も往年のアメリカン・プログレハード
っぽい歪みの音色で好みですし、リズムも堅く上手いのですが、
フレーズがワンパターンで引き出しに欠ける感が無きにしも非ずです。
やはりクライマックスでのロングトーンは苦しそう。
#11Black Materiaは、冒頭からノイズの入ったシンセとピアノの饒舌なフレーズで、
途中でジャズになったりメカニカルな速弾きも見せたりと、多彩な技を見せてくれます。
全体を通してFred Colomboの華麗なシンセ技を楽しむにも面白いですし、
Dream Theaterのような典型的なプログレメタルを求める方、
メロディックでキャッチーなメタルを求める方にも楽しめる作品だと思います。

Being-The Inner Quest

Neptune's Revenge

Black Materia

スポンサーサイト

この記事をはてなブックマークに追加

  1. 2014/05/21(水) 15:01:35|
  2. Spheric Universe Experimence
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<今日の一枚(299) | ホーム | 今日の一枚(297)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://grooveisalliwant.blog.fc2.com/tb.php/331-84c0c18c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Author:Systematic Chaos
独断と偏見により、お気に入りのCDを紹介して行きます。
医学部医学科の大学生として臨床医となるべく勉強しています。
山下達郎ファンクラブ
TATSURO MANIA会員。
水樹奈々ファンクラブ
S.C. Nana Net 会員。
上坂すみれファンクラブ
コルホーズの玉ねぎ畑 会員。
初心者ですが宜しくお願いします。
好きなジャンル:
1. AOR, MOR, ソフトロック
2. R&B,ファンク, モータウン,
ニュージャックスウィング,
フィラデルフィアソウル, シカゴソウル,
ブルーアイドソウル
3. ポップス、Jポップ
渋谷系、ニューミュージック
4. プログレッシブロック
5. ハードロック, へヴィメタル,
プログレッシブメタル, スラッシュメタル,
メロディックデスメタル,ブラックメタル
6. ジャズ,フュージョン,
ハードフュージョン, アシッドジャズ,
ハード・バップ, ジャズファンク,
ジャズロック
7. ジャジーヒップホップ,
オルタナティブヒップホップ
8. エモ, スクリーモ
9. ハウス, アシッドハウス,ディスコ

ライブラリは50,000曲ほどです。
ヘッドフォンはAKGのQ701、Audio TechnicaのATH-ESW9、
イヤフォンはShure-SE425を使っています。
iPod ClassicにTEAC-HAp50またはATH-PHA31i(ポータブルヘッドフォンアンプ)を挿して聴いています。
ブログとして記事を書くことを通じて
自分のライブラリと向き合ってみると、
相当趣味が偏ってるということを
痛感しています。
これから沢山の音楽に触れ、勉強していきたいです。
たまに医学関連の記事や日々の雑感を書いております。
※当ブログはリンクフリーです。
コメント下さると励みになります。
下さったら嬉しいです。
※Twitterもやっております。
アカウント名はprivategrooveです。
https://twitter.com/privategroove
こちらでもおすすめの音楽など情報を流しております!
フォロー下さると嬉しいです。
可能な限りフォローバック、コメントしに参ります。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

総閲覧者数(ユニークアクセス)

アクセスカウンター(PV数, 2013/12/26より集計)

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

にほんブログ村 CDレビュー

にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村

Feedly(RSSリーダー)で「私的名盤紹介」を読む

RSSリーダーとは、Google, Feedlyなど複数あるアプリまたはサイトを用いて自身で登録したブログの更新を自動で確認し、さらにブログ記事をテキストと画像、リンクのみの軽い状態で見ることができるツールです。 管理人も便利ですので積極的に使っております。 Feedlyにはスマホ向けアプリもありますが、PCはブラウザで操作でき動作も軽いため使っております。

follow us in feedly

「私的名盤紹介」管理人Twitterをフォローする

私的名盤紹介トップページをはてなブックマークに登録する

「私的名盤紹介」トップページをはてなブックマークに追加

「私的名盤紹介」管理人によるはてなブックマークを見る

管理人が普段見ている音楽系サイトで、気になる記事について、日々 「はてなブックマーク」を使ってコメントを付け、まとめております。 当サイトであまり取り扱わない音楽ジャンルの記事、年間ベスト、評論など雑多に取り扱っています。フォロー頂けると嬉しいです。

私的名盤紹介はてなブックマーク

「私的名盤紹介」管理人Twitter

TweetsWind

にほんブログ村ランキング(CD Review)

もし記事を楽しんでいただけましたら、お手数ですが 下の「このブログに投票」のところをクリックしていただけると大変嬉しいです。 投票はランキングに反映されます。

RSSリンクの表示

Ninja Tools(アクセス解析)

検索フォーム

相互リンク 音楽系レビューサイト

このブログをリンクに追加する

現在の閲覧者数

現在の閲覧者数: