私的名盤紹介―真の雑食を目指して

自分の心に残った作品を紹介することで、新たな音楽を見つけるきっかけとして頂ければ嬉しいです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

この記事をはてなブックマークに追加

  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

今日の一枚(300)

Album: Hurricane
Artist: Eric Benet
Genres: Neo Soul, Soul, R&B

Hurricane.jpg


アメリカ、ウィスコンシン州ミルウォーキー出身のソウルシンガー、
シンガーソングライター、俳優。1966年生まれ。
自身の姉であるLisaと、従兄弟のGeorge Nash Jr.とともにBenetというボーカルグループを
結成し、1992年にセルフタイトル作品を発売しています。
1994年にWarner Brothersと契約し、1996年にソロデビューを果たします。
2000年にはTamiaとのデュエットシングルであるSpend My Life with YouでGrammy Awardの
Best R&B Performance by a Duo or Groupにノミネートされています。
私生活では一人の娘を儲けた妻を93年に交通事故で亡くし、Princeの元妻であるHalle Berryと
結婚していますが、3年後に離婚しています。
1999年に発売した1stから、オールドスクールなR&Bに根差した70年代的な音像を基礎にしながら、
極めて伸びの良いハイトーンと力強いボーカルを見せるオーソドックスなスタイルで、
アシッドジャズを取り入れたり、ヒップホップ的なソリッドな音のものもありつつ、
David Fosterを始めとしたFourplayのメンバーやJeff Lorberらとも交流があり、
優れたスタジオミュージシャンを集めてフュージョンやソフトロックに近いサウンドも見せています。
2005年作の3rd。プロデュースにはDavid Fosterを中心として、
Mariah Carey, Celine Dionで知られるWalter Afanasieffや、Fosterとの共作を多く残した
Humberto Gatica(Al Jarreau, Chicago, Destiny's Child, Elton John, Michael McDonald etc)
などを迎え、スタジオミュージシャンにはMichael Landau(G), David Cambell(Strings),
Pino Palladino(B), Dean Parks(G), Vinnie Colaiuta(Dr), Nathan East(B), James Poyser(Key)
などなど、一流のメンバーを揃えてレコーディングが行われています。
本作に収録されているI Wanna Be Lovedは、the Urban Adult Contemporary chartで
2位を記録するなど、ACの方面でも評価されており、オーガニックなサウンドを指向した本作は、
私生活での乱れやスキャンダルでメディアを賑わせていた彼にとって転換期となったのも、
また事実だと思います。
パーカッシブで乾いた音数の少ないアコギと、多重録音によるコーラスで聴かせる
#1Be Myself Againは、サビでのファルセットの艶やかさが際立っています。
クワイエットストームなバラードの#2Pretty Babyは、微かに聴こえてくるJames Poyser
(D'Angelo, The Roots, John Legend, Common etc)のエレピのフレージングが最高で、
ドリーミーなコーラスのバックで後半にかけてフィリーなストリングスが分厚くなってきます。
ジャジーで極限まで音数を削ったギターソロも、エロティックなコーラスも素晴らしい。お気に入り。
David Fosterプロデュースのメロディの綺麗な表題曲のバラード#3Hurricaneは、
後半の転調からボーカルにも力が入っていき、Vinnie Colaiutaのドラムスも鋭さを増して行きます。
ダークで憂いを帯びたボーカルと、シンプルなアコギのカッティングでファンキーに進行する
#4Where Does The Love Goは、生のホーンの音処理が70sを思わせるものになっていて
心地良いです。これもお気に入り。
Michael Landauが泣きまくりなギターソロで完璧な職人技を見せてくれるバラード#5My Prayer、
続いて高音の煌びやかなアコギのバッキングとチェロの前に出た落ち着いた音のストリングスが
ゆったりと絡みつく#6Man Enough to Cryと静かな曲が続きます。
ネオソウルっぽいコーラスとレイドバックしたリズムの中で、軽いファルセットで歌う
#7I Knowも、アコースティックですっきりとした音像でアンビエント色は薄く、
流行であったネオソウルとはまた一味違ったものになっています。
ジャジーなピアノと柔らかいドラムス、Nathan Eastの低音の良く出た滲み出るようなベースに
流麗なストリングスのスロウなバラード#9The Lastは、さながらStevieのようなパワフルな
歌唱を見せてくれます。最高。
#11Making Loveは、ボーカルによるベースラインとアコギにチェロで落ち着いたメロと、
生々しいコーラスで艶やかに光るダイナミックなサビ部分の対比にハッとさせられます。
ピアノ弾き語りにストリングスでシンプルにまとめたバラード#12Cracks Of My Broken Heartは、
フレーズの間ごとの絶妙なヴィブラートや丁寧なトーンコントロールで、
歌唱の出来は本作の中でも取り分け素晴らしいです。
James Poyserのキーボードが冴え渡る#13I Wanna Be Lovedは、幾重にも重ねられたコーラスと
ゆったりしたリムショットの中にも絶妙なアクセントで変化を付けたドラムスや、
左チャンネルを流れるMichael Landauのパリッとしたアタックのギターのスムースさに
夢中になって聴いてしまいます。お気に入り。
所々にネオソウルの香りもありますが、David Fosterのプロデュースや彼に近しい
ミュージシャンの演奏も相まって、哀愁のあるメロディやクロスオーバー的な
側面が強く、オーガニックでポップな仕上がりになっています。なんて耳に優しいんでしょう…

Pretty Baby

Where Does The Love Go

The Last

Cracks Of My Broken Heart

I Wanna Be Loved
スポンサーサイト

この記事をはてなブックマークに追加

  1. 2014/05/28(水) 00:40:58|
  2. Eric Benet
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<今日の一枚(301) | ホーム | 今日の一枚(299)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://grooveisalliwant.blog.fc2.com/tb.php/333-59ae2a38
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Systematic Chaos

Author:Systematic Chaos
独断と偏見により、お気に入りのCDを紹介して行きます。
医学部医学科の大学生として臨床医となるべく勉強しています。
山下達郎ファンクラブ
TATSURO MANIA会員。
水樹奈々ファンクラブ
S.C. Nana Net 会員。
上坂すみれファンクラブ
コルホーズの玉ねぎ畑 会員。
初心者ですが宜しくお願いします。
好きなジャンル:
1. AOR, MOR, ソフトロック
2. R&B,ファンク, モータウン,
ニュージャックスウィング,
フィラデルフィアソウル, シカゴソウル,
ブルーアイドソウル
3. ポップス、Jポップ
渋谷系、ニューミュージック
4. プログレッシブロック
5. ハードロック, へヴィメタル,
プログレッシブメタル, スラッシュメタル,
メロディックデスメタル,ブラックメタル
6. ジャズ,フュージョン,
ハードフュージョン, アシッドジャズ,
ハード・バップ, ジャズファンク,
ジャズロック
7. ジャジーヒップホップ,
オルタナティブヒップホップ
8. エモ, スクリーモ
9. ハウス, アシッドハウス,ディスコ

ライブラリは65,000曲ほどです。
ヘッドフォンはAKGのQ701、Audio TechnicaのATH-ESW9、
イヤフォンはShure-SE425を使っています。
iPod ClassicにTEAC-HAp50またはATH-PHA31i(ポータブルヘッドフォンアンプ)を挿して聴いています。
ブログとして記事を書くことを通じて
自分のライブラリと向き合ってみると、
相当趣味が偏ってるということを
痛感しています。
これから沢山の音楽に触れ、勉強していきたいです。
たまに医学関連の記事や日々の雑感を書いております。
※当ブログはリンクフリーです。
コメント下さると励みになります。
下さったら嬉しいです。
※Twitterもやっております。
アカウント名はprivategrooveです。
https://twitter.com/privategroove
こちらでもおすすめの音楽など情報を流しております!
フォロー下さると嬉しいです。
可能な限りフォローバック、コメントしに参ります。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

総閲覧者数(ユニークアクセス)

アクセスカウンター(PV数, 2013/12/26より集計)

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

にほんブログ村 CDレビュー

にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村

Feedly(RSSリーダー)で「私的名盤紹介」を読む

RSSリーダーとは、Google, Feedlyなど複数あるアプリまたはサイトを用いて自身で登録したブログの更新を自動で確認し、さらにブログ記事をテキストと画像、リンクのみの軽い状態で見ることができるツールです。 管理人も便利ですので積極的に使っております。 Feedlyにはスマホ向けアプリもありますが、PCはブラウザで操作でき動作も軽いため使っております。

follow us in feedly

「私的名盤紹介」管理人Twitterをフォローする

私的名盤紹介トップページをはてなブックマークに登録する

「私的名盤紹介」トップページをはてなブックマークに追加

「私的名盤紹介」管理人によるはてなブックマークを見る

管理人が普段見ている音楽系サイトで、気になる記事について、日々 「はてなブックマーク」を使ってコメントを付け、まとめております。 当サイトであまり取り扱わない音楽ジャンルの記事、年間ベスト、評論など雑多に取り扱っています。フォロー頂けると嬉しいです。

私的名盤紹介はてなブックマーク

「私的名盤紹介」管理人Twitter

TweetsWind

にほんブログ村ランキング(CD Review)

もし記事を楽しんでいただけましたら、お手数ですが 下の「このブログに投票」のところをクリックしていただけると大変嬉しいです。 投票はランキングに反映されます。

RSSリンクの表示

Ninja Tools(アクセス解析)

検索フォーム

相互リンク 音楽系レビューサイト

このブログをリンクに追加する

現在の閲覧者数

現在の閲覧者数:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。