私的名盤紹介―真の雑食を目指して

自分の心に残った作品を紹介することで、新たな音楽を見つけるきっかけとして頂ければ嬉しいです。

今日の一枚(305)

※今回紹介する作品には一部残虐と思われかねない表現が含まれている
 恐れがあります。ブラックメタルと言われてどのような音楽か了解できる方のみご覧下さい。
※突如として展開する部分が多くあるため、心臓の弱い方はご遠慮下さい。

 
Album: Death Pierce Me
Artist: Silencer
Genres: Black Metal, Heavy Metal

Silencer.jpg


スウェーデン、ストックホルム県ストックホルム出身のブラックメタルバンド。1995年結成。
メンバーはLeere(G, B), Nattramn(Vo)の二人のみで、リリースした作品は
1998年のシングルDeath Pierce Me(僅か40枚のみプレスされた)と、それを含んだ
2001年作の同名アルバムの本作のみ、という何とも謎に満ちたバンドですが、
アンダーグラウンドなブラックメタルの界隈では、ボーカルのNattramanが
重度の統合失調症を患っており、彼の極めて特徴的で非人間的なパフォーマンスで
その名が知れ渡っているようです。
録音はドイツ国内のKlangschmiede Studioで行われており、ダークメタルやブラックメタル、
フォークメタル、シューゲイズメタルなどの界隈で名の通ったドイツのレーベルである
Prophecy Productionsからリリースされています。
本作をリリースした直後にNattramanは精神病棟に強制的に収容されてしまったため、
バンドは解散を余儀なくされています。
確定した情報なのかは分かりかねますが、筆者の調べたところによると、
リーダーのLeereは、同じくスウェーデンのブラックメタルとして有名なShining(1996-)という
バンドのギタリストであるNiklas "Ghoul" Kvarforthと同一人物ではないかと思われます。
ShiningにせよこのSilencerにせよ、内容としては自殺や自傷行為を賛美するような
内容が含まれるため、 筆者も心から本作をお薦め申し上げるわけにはいきません。
しかしながら音楽としては、ローファイでノイズの入ったディストーションギターや、
ブラストばかりではなくグルーブのあるドラムプレイなど、なかなか面白い部分が多く、
狂気じみた(というより狂気そのものか)ボーカルを差し引いて考えれば悪くないと思います。
この手のアルバムというのは大抵音質がすこぶる悪く、筆者自身は9割9分ハイファイな音楽を
好む者ですので、ブラックメタルの作品は敬遠しがちでしたが、
本作は意外なことに音質良好で聴き取りやすかったことも、評価する理由の一端となりました。
#1Death Pierce Meは、冒頭の如何にも北欧らしい哀愁漂うアコギと、ドライブ感のある
フィルやソリッドなキックが特徴的なイントロが長く続き、1:50あたりで突如として
悲痛な絶叫が入ったか、と思うと一気にテレビのホワイトノイズのようなディストーションギターと、
ブラストビートが入ってきます。歌詞が有るのか無いのかも分かりませんが、
ただひたすらに超音波のような高音で呻き続けるボーカルのバックで、淡々と曲が進んでいきます。
ストリングスの醸し出す雰囲気は映画音楽のように壮大で、不安を煽ってきます。
7:00あたりからはピアノソロがありますが、7:40から再び絶叫が入ってメタルパートへと展開します。
(ここは本当に心臓に悪いので心して聴いて下さい。)
ノイズにまみれたバッキングの中でも、リズムは正確で、歌詞の内容も少し聴きとることができ、
痛々しさが増しています。痰の絡まったようなしゃがれた声で、恐怖に駆られるような様を
見せていますが、意味は全く解りません。
#2Sterile Nails and Thunderbowelsも、曲の冒頭ではクサいメロディのリードギターから
始まりますが、こちらは2:30辺りからの叫び(ポエトリーリーディング?)を中心として
進んでいきます。激しく咳き込むボーカルを起点として、演奏は一気に激しさを増し、
後半では呻き声が上手くブレイクのタイミングと合致(というか呻き声に後から演奏を付けたのか)
していたりして、思いの外一体感のある演奏を楽しめます。
メタルコアに近いイントロからひたすらにブラストするパートへと展開する#3Taklamakanは、
ひたすらに同じフレーズを繰り返すギターのバッキングの中で、ボーカルが次第に声を
出せなくなっていき、最後には咽てしまい歌えなくなります。
幾重にも重ねられた声が四方八方から恐怖を煽り立ててきます。聴くに堪えません。
#5I Shall Lead, You Shall Followは、ひたすらに続く轟音の中で、
いつも通りの金切り声を上げていたかと思えば、突如として笑い出したり、
直後に勇壮な声で叫んだりとますます暴走っぷりが加速していきます。
嗚咽しながら嘆き苦しむ中で静かなアコギのパートへと移り変わり、また疾走していきます。
この位なら普通のメタラーでも聴ける、かもしれません…
アルバムの最後を飾るピアノ曲#6Feeble Are You -Sons Of Sionで淡々と終わっていくあたりが、
リアルさを滲ませています。
ブラックメタルに関しては殆ど素人でしたが、これほどに人間の狂気に肉薄した
作品は、今まで一度も聴いたことはありませんでした。
PVの凄惨さは筆舌に尽くしがたく、見ることは薦めません。
薦めませんが、このサウンドが持っている言葉に出来ない悪魔的な魅力に、
一瞬憑りつかれそうになってしまいます。

Death Pierce Me

I Shall Lead, You Shall Follow
スポンサーサイト

この記事をはてなブックマークに追加

  1. 2014/06/07(土) 22:17:55|
  2. Silencer
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<今日の一枚(306) | ホーム | 今日の一枚(304)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://grooveisalliwant.blog.fc2.com/tb.php/339-6f1adfce
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Author:Systematic Chaos
独断と偏見により、お気に入りのCDを紹介して行きます。
医学部医学科の大学生として臨床医となるべく勉強しています。
山下達郎ファンクラブ
TATSURO MANIA会員。
水樹奈々ファンクラブ
S.C. Nana Net 会員。
上坂すみれファンクラブ
コルホーズの玉ねぎ畑 会員。
初心者ですが宜しくお願いします。
好きなジャンル:
1. AOR, MOR, ソフトロック
2. R&B,ファンク, モータウン,
ニュージャックスウィング,
フィラデルフィアソウル, シカゴソウル,
ブルーアイドソウル
3. ポップス、Jポップ
渋谷系、ニューミュージック
4. プログレッシブロック
5. ハードロック, へヴィメタル,
プログレッシブメタル, スラッシュメタル,
メロディックデスメタル,ブラックメタル
6. ジャズ,フュージョン,
ハードフュージョン, アシッドジャズ,
ハード・バップ, ジャズファンク,
ジャズロック
7. ジャジーヒップホップ,
オルタナティブヒップホップ
8. エモ, スクリーモ
9. ハウス, アシッドハウス,ディスコ

ライブラリは50,000曲ほどです。
ヘッドフォンはAKGのQ701、Audio TechnicaのATH-ESW9、
イヤフォンはShure-SE425を使っています。
iPod ClassicにTEAC-HAp50またはATH-PHA31i(ポータブルヘッドフォンアンプ)を挿して聴いています。
ブログとして記事を書くことを通じて
自分のライブラリと向き合ってみると、
相当趣味が偏ってるということを
痛感しています。
これから沢山の音楽に触れ、勉強していきたいです。
たまに医学関連の記事や日々の雑感を書いております。
※当ブログはリンクフリーです。
コメント下さると励みになります。
下さったら嬉しいです。
※Twitterもやっております。
アカウント名はprivategrooveです。
https://twitter.com/privategroove
こちらでもおすすめの音楽など情報を流しております!
フォロー下さると嬉しいです。
可能な限りフォローバック、コメントしに参ります。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

総閲覧者数(ユニークアクセス)

アクセスカウンター(PV数, 2013/12/26より集計)

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

にほんブログ村 CDレビュー

にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村

Feedly(RSSリーダー)で「私的名盤紹介」を読む

RSSリーダーとは、Google, Feedlyなど複数あるアプリまたはサイトを用いて自身で登録したブログの更新を自動で確認し、さらにブログ記事をテキストと画像、リンクのみの軽い状態で見ることができるツールです。 管理人も便利ですので積極的に使っております。 Feedlyにはスマホ向けアプリもありますが、PCはブラウザで操作でき動作も軽いため使っております。

follow us in feedly

「私的名盤紹介」管理人Twitterをフォローする

私的名盤紹介トップページをはてなブックマークに登録する

「私的名盤紹介」トップページをはてなブックマークに追加

「私的名盤紹介」管理人によるはてなブックマークを見る

管理人が普段見ている音楽系サイトで、気になる記事について、日々 「はてなブックマーク」を使ってコメントを付け、まとめております。 当サイトであまり取り扱わない音楽ジャンルの記事、年間ベスト、評論など雑多に取り扱っています。フォロー頂けると嬉しいです。

私的名盤紹介はてなブックマーク

「私的名盤紹介」管理人Twitter

TweetsWind

にほんブログ村ランキング(CD Review)

もし記事を楽しんでいただけましたら、お手数ですが 下の「このブログに投票」のところをクリックしていただけると大変嬉しいです。 投票はランキングに反映されます。

RSSリンクの表示

Ninja Tools(アクセス解析)

検索フォーム

相互リンク 音楽系レビューサイト

このブログをリンクに追加する

現在の閲覧者数

現在の閲覧者数: