私的名盤紹介―真の雑食を目指して

自分の心に残った作品を紹介することで、新たな音楽を見つけるきっかけとして頂ければ嬉しいです。

今日の一枚(310)

Album: インソムニア
Artist: 鬼束ちひろ
Genres: Pops, Rock

インソムニア


宮崎県、日南市南郷町出身の日本のシンガーソングライター。1980年生まれ。
本作は第16回ゴールドディスク大賞ロック・アルバム・オブ・ザ・イヤーを受賞し、
100万枚以上の売り上げを記録した2000年作の1st。
タイトルのインソムニア(insomnia)は不眠症の意。アルバムの内容とは無関係で、
語感の良さで付けたということのようです。小学校2年生の時にエレクトーンを習い始め、
高校2年生の時に出会った女性シンガーソングライターのJewel(1974-)のオリジナルアルバムである
Pieces of You(1995)に衝撃を受け、自身もシンガーソングライターになることを
志すようになります。 高校卒業後すぐに上京し、2000年には東芝EMIからデビューを果たします。
2ndシングルの月光がテレビ朝日系ドラマTRICK(堤幸彦監督作品)の主題歌に選ばれ、
60万枚のヒットを記録したことで、その名が知れ渡るようになります。
2003年に声帯結節を発症したこと、所属事務所との軋轢により一時活動を休止していますが、
2007年には再び活動を開始しています。本作はプロデューサー、アレンジャーを
柴田淳、遊佐未森、飯塚雅弓、華原朋美、中島美嘉などを担当し、テレビアニメや
NHKのドキュメンタリー番組を制作している羽田毛丈史(1960-)が担当しています。
彼女はデモを制作してからは、原則アレンジやアルバム内の曲の配置には一切関わらないスタンスを
貫いており、羽田毛氏がいかに重要な役割を果たしているかが窺えます。
作曲は必ず詞先で行っているようで、陰鬱で厭世的で、どこか宗教的な香りが沸き立ってくる
歌詞の世界と、アコースティックでシンプルで、抜けの良いアレンジが完璧に噛み合っています。
透き通っていながらも、太さや力強さのあるトーンで、感情を込め過ぎ無い境界のテンションで
歌う技術の高さ、表現と合わさって、得も言われぬ静けさ、ヒンヤリとした不気味さの中に、
どこか温かさを感じさせるような、独特な世界観を見せています。
彼女の代表曲の一つである#1月光は、ピアノ弾き語りにストリングスを加えたバラードです。
悲しげでありながら、時として明るい光が差し込むような浮遊感のある進行と、
ブリッジ以降ではパーカッションを加え、転調していきながら情熱的に展開していきます。
力強く伸びやかなボーカルの歌う葛藤を描いた歌詞は極端なほどに悲観的ですが、
2番に掛けてベクトルが変化していくのも面白い。大名曲です。
微かに聴こえる打ち込みのキックが生々しいリズムと、低音の響きが豊かなピアノで
静かに始まる#2イノセンスは、途中から歪みのギターとドラム、ベースが入ってきて
ロックンロールへと変化します。ボーカルは、オケが分厚くなっても、芯のあって太い声質で、
音量如何に関わらず全く負けていません。クールです。
#3Back Doorもピアノ中心のバラードですが、コーラスは、サビでのリフレインを
始めとして完全にゴスペルを意識したアレンジになっていて、
ストリングスはチェロの低音が出た落ち着いたものになっています。
一転して右チャンネルを流れる、牧歌的なアコギのバッキングがキラキラとした
#4edgeは、青山純を思わせるような重くボスっとした打ち込みのドラムスと、
渡辺等の弾くベースのリズム隊が入って来て、サウンドに起伏が付いています。お気に入り。
ベースのイントロからいきなりメロに入っていく展開で意表を衝かれる#5We can goは、
ソウルフルで暖かいサビが聴き所です。
ゆったりとしたグルーブを作るパーカションと静かなオケの中でシリアスな歌詞を歌う
ギャップが如何にも彼女らしい#6callは、ハイの透き通ったベースのトーンが最高です。
デビューシングルである#7シャインは、サビでは初めはブレスリーな表現から、力強い
チェストへと切り替え、メロでの低音のドスの効いた表現と、どこを取っても完璧な歌唱です。
バッキングはピアノのみで、ひたすらにシンプルに纏めています。素晴らしい。
細やかなハットの刻みと、カッティングを絡めたギターのバッキング、
音数の多くうねるベースラインでフュージョンライクな疾走感を生み出す
#8Cageは筆者的には好みの音像です。饒舌なピアノソロや、
アウトロのドラムのフィルもシンプルですが良い。お気に入り。
背後を流れる空々しい打ち込みの音と、生々しいピアノやアコギ、ストリングスの音が
対比的に描かれた#9螺旋は、とりわけ明るい雰囲気を湛えた歌詞が印象的です。
アコギのタッチノイズが耳を撫でるイントロから、ピアノとパーカッション中心でありながら、
サビではシンセやエレキのバッキングがアンビエントな空気を醸し出す#10眩暈は、
アウトロにかけてフェイクしていくボーカルの細やかな表現がキラキラと輝きを放ちます。
繊細なトーンコントロールにパワフルなロングトーンを兼ね備えた完璧な歌唱と、
幽玄で無常感が漂う世界観を映し出すソングライティング、それを演出するアンプラグドな
アレンジの美しさ、哲学的で時に私小説的な詞世界の強烈な個性といい、
弱冠20歳という年齢も考慮すると奇跡的なことであるといって間違いないと思います。大傑作。

月光

イノセンス[Final Fantasy 10挿入歌]

edge

シャイン[unplugged]

Cage

眩暈
スポンサーサイト

この記事をはてなブックマークに追加

  1. 2014/06/24(火) 22:32:34|
  2. 鬼束ちひろ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<今日の一枚(311) | ホーム | やさしさの精神病理 読後感>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://grooveisalliwant.blog.fc2.com/tb.php/345-b673789f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Systematic Chaos

Author:Systematic Chaos
独断と偏見により、お気に入りのCDを紹介して行きます。
医学部医学科の大学生として臨床医となるべく勉強していました。(2011/04-2017/03)
無事医師免許取得し、2017年より研修医一年目として社会人生活が始まりました。
新しいことばかりでストレスも多いですが、相変わらず様々な音楽に触れております。
山下達郎ファンクラブ
TATSURO MANIA会員。
水樹奈々ファンクラブ
S.C. Nana Net 会員。
上坂すみれファンクラブ
コルホーズの玉ねぎ畑 会員。
自分にとって魅力的な音楽を、様々な視点で、
新旧洋邦を問わず掘り下げて参ります。
初心者ですが宜しくお願いします。
好きなジャンル:
1. AOR, MOR, ソフトロック
2. R&B,ファンク, モータウン,
ニュージャックスウィング,
フィラデルフィアソウル, シカゴソウル,
ブルーアイドソウル
3. ポップス、Jポップ
渋谷系、ニューミュージック
4. プログレッシブロック
5. ハードロック, へヴィメタル,
プログレッシブメタル, スラッシュメタル,
メロディックデスメタル,ブラックメタル
6. ジャズ,フュージョン,
ハードフュージョン, アシッドジャズ,
ハード・バップ, ジャズファンク,
ジャズロック
7. ジャジーヒップホップ,
オルタナティブヒップホップ
8. エモ, スクリーモ
9. ハウス, アシッドハウス,ディスコ

ライブラリは65,000曲ほどです。
ヘッドフォンはAKGのQ701、Audio TechnicaのATH-ESW9、
イヤフォンはShure-SE425を使っています。
iPod ClassicにTEAC-HAp50またはATH-PHA31i(ポータブルヘッドフォンアンプ)を挿して聴いています。
ブログとして記事を書くことを通じて
自分のライブラリと向き合ってみると、
相当趣味が偏ってるということを
痛感しています。
これから沢山の音楽に触れ、勉強していきたいです。
たまに医学関連の記事や日々の雑感を書いております。
※当ブログはリンクフリーです。
コメント下さると励みになります。
下さったら嬉しいです。
※Twitterもやっております。
アカウント名はprivategrooveです。
https://twitter.com/privategroove
こちらでもおすすめの音楽など情報を流しております!
フォロー下さると嬉しいです。
可能な限りフォローバック、コメントしに参ります。
※放送企画として「私的名盤放送」というラジオを配信しております。
ツイートキャスティングホームページをご覧下さい。不定期に配信、Twitterにて情報を呟いております。ハッシュタグは「#私的名盤放送」です。宜しくお願い致します。
http://twitcasting.tv/privategroove

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

総閲覧者数(ユニークアクセス)

アクセスカウンター(PV数, 2013/12/26より集計)

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

にほんブログ村 CDレビュー

にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村

Feedly(RSSリーダー)で「私的名盤紹介」を読む

RSSリーダーとは、Google, Feedlyなど複数あるアプリまたはサイトを用いて自身で登録したブログの更新を自動で確認し、さらにブログ記事をテキストと画像、リンクのみの軽い状態で見ることができるツールです。 管理人も便利ですので積極的に使っております。 Feedlyにはスマホ向けアプリもありますが、PCはブラウザで操作でき動作も軽いため使っております。

follow us in feedly

「私的名盤紹介」管理人Twitterをフォローする

私的名盤紹介トップページをはてなブックマークに登録する

「私的名盤紹介」トップページをはてなブックマークに追加

「私的名盤紹介」管理人によるはてなブックマークを見る

管理人が普段見ている音楽系サイトで、気になる記事について、日々 「はてなブックマーク」を使ってコメントを付け、まとめております。 当サイトであまり取り扱わない音楽ジャンルの記事、年間ベスト、評論など雑多に取り扱っています。フォロー頂けると嬉しいです。

私的名盤紹介はてなブックマーク

「私的名盤紹介」管理人Twitter

TweetsWind

にほんブログ村ランキング(CD Review)

もし記事を楽しんでいただけましたら、お手数ですが 下の「このブログに投票」のところをクリックしていただけると大変嬉しいです。 投票はランキングに反映されます。

RSSリンクの表示

Ninja Tools(アクセス解析)

検索フォーム

相互リンク 音楽系レビューサイト

このブログをリンクに追加する

現在の閲覧者数

現在の閲覧者数: