私的名盤紹介―真の雑食を目指して

自分の心に残った作品を紹介することで、新たな音楽を見つけるきっかけとして頂ければ嬉しいです。

今日の一枚(317)

Album: Connected
Artist: Family Stand
Genres: Soul, R&B, Acid Jazz, Blue-Eyed Soul

Connected.jpg

アメリカ、ニューヨークを中心として1980年代末から1990年代初頭に掛けて
活動していたアシッドジャズ/ソウルバンド。1986年結成。
Atlantic RecordsとEast West Recordの二つのレーベルから
4枚のオリジナルアルバムを発表しており、
2007年と2010年にもデジタル配信のみのアルバムを含めて作品を
リリースしているようです。本作は91年からの6年の活動休止期間から
復帰してリリースされた1997年作の4th。
彼らの作品は、政治や社会問題、国際関係間の緊張、男女平等を
歌った社会派な詞世界と、当時流行していたアシッドジャズの音像の中に
ロック色の強いギタープレイが光る個性的な作風を有していましたが、
あまりセールスには恵まれなかったようで、1990年にシングル
Ghetto HeavenがUK#10のヒットを記録したことが知られている程度です。
その他には、サンフランシスコ出身の女性シンガーソングライターである
Paul Abdul(1962-)の、ニュージャックスウィング、
ダンスポップを中心とした、大ヒットアルバムSpellbound
(1991, US300万枚、Billboard200#1など)を制作したことで知られています。
メンバーはSandra St. Victor(Vo), Peter Lord Moreland(Key, Vo),
V. Jeffrey(Vo, G, Sax, Key)の三人で、Sandraは91年の活動休止後離脱、
ソロアルバムをリリースするなど活動を続けていました。
Sandraは元々コーラスシンガーとしてChaka KhanやFreddie Jackson
(Chaka Khan, Freddie Jacksonの項を参照)のバッキングを務めており、
JefferyとPeterの二人は元々NYのセッションミュージシャンで、
JefferyはDaryl HallのソロアルバムSoul Aloneなどのプロデュースも行っています。
Sandraの離脱後、新たな女性ボーカリストとしてグループに加入したのが、
Keith Sweat/Make It Last Forever(1988)のレコーディングに参加、
デュエット曲を発表しUS,R&B#2を獲得したJacci Mcgeeでした。
本作は、前作のMoon In Scorpioのファンクロック路線から少し離れ、
もう少し甘美なソウルテイスト、とりわけCurtis Mayfieldを
初めとするシカゴソウルを思わせる音像に仕上がっています。
揺れたリズムギターに、落ち着いた進行の中で巧みなコーラスワークが映える
JacciとPeterのツインボーカルによる#1Keepin' You Satisfiedから
この緩いグルーブが素晴らしいです。
#2Butterは、細やかなハイハットとリムショットを多用したリズムパターンに、
スラップの鋭いトーンが印象的でダークなファンクですが、サビはポップで、
ドロドロし過ぎることなくモダンな音で冷ややかな感触があります。
#3When Heaven Callsは、Erine Isleyの(Live It Upのような)
70年代のトーンを思わせるような歪みのエレキギターが入ってくるイントロから、
ハネたパーカッシブなオルガンが印象的なメロ、
そしてキメを起点にして、コーラスのスムースな定位が瑞々しい、
ポップなR&Bへと展開していきます。名曲だと思います。
ギターソロもブルージーで素晴らしい。
表題曲の#4Connectedは、ドラムロールからの一発目のフレーズと言い、
流麗なストリングスの音処理と言い、完全にCurtisを意識した一曲に仕上がっています。
レイドバックしたドラミングやぶっといベースで完全にあの時代の音を再現し切っていますが、
キメを起点としてサビへと繋がって行くパートからは、一転して生々しい音のコーラスが入り
非常にポップになって行きます…お気に入り。
スロウテンポのバラード#5It Should've Been Me (That Loved You)は、
Stevie Wonderを意識したような張りのあるボーカルが堪能できます。
ギターソロは繊細なアタック音がパリッとしていて心地良いです。
#6What Must I Do Now?は、アコギの荒々しいストロークにチェロの低音が強調された
ストリングスで進んでいくR&Rナンバーですが、後半からはリズム隊が入って来て
荒々しいボーカルとブルージーなギターソロが聴き所です。
音の揺れが特有の浮遊感を創出するオールドスクールなエレピのフレーズと、
強調されたキックと軽いスネアのモダンなリズムをマッチさせた
#7You Don't Have to Worryは、90年代R&Bならではの陰鬱な雰囲気を湛えています。
本作の中でもとりわけ黒光りしている#8Fienin'は、エロティックなボーカルと、
リズムギターの鋭さは特筆すべきものがあります。アウトロではスラップベースが
前に出たアレンジになっています。フレーズは教科書的ですが勿論良いです。
#9You're Mineは、レイドバックしたリズムとソウルフルなボーカル、
フィリーなストリングスに、歪んだギターのバッキングがUKインディーを思わせる音色で、
ロック的なダイナミズムのある異色な一曲。
#10Don't Ask Whyは、アフリカンなパーカッションやアコギの生々しい音色と、
クラシックロック的なベースリフの中で、薄く膜が張ったようなエフェクトの
掛かったボーカルが好対照を成すパートから、フォーキーで暖かいサビへと展開します。
アウトロではワウの掛かったギターが妖しげなソロを聴かせます。
ぐっとテンポを抑えたファンクの#11More And Moreは、
輪郭のくっきりとしたスラップベースや、トレブリーなクリーントーンのカッティング、
タメの効いたボーカリゼーションと、シンプルな繰り返しのサビでの
熱いスキャットがソウルフルで素晴らしい。お気に入り。
現代のネオソウルに繋がる先進的な音処理やアレンジが散見され、
一時的なブームということで放っておくには余りにも勿体ない良作だと思います。

Keepin' You Satisfied

Connected

Fienin'

More And More
スポンサーサイト

この記事をはてなブックマークに追加

  1. 2014/07/17(木) 21:28:26|
  2. The Family Stand
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<今日の一枚(318) | ホーム | 今日の一枚(316)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://grooveisalliwant.blog.fc2.com/tb.php/352-df8eede1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Systematic Chaos

Author:Systematic Chaos
独断と偏見により、お気に入りのCDを紹介して行きます。
医学部医学科の大学生として臨床医となるべく勉強していました。(2011/04-2017/03)
無事医師免許取得し、2017年より研修医一年目として社会人生活が始まりました。
新しいことばかりでストレスも多いですが、相変わらず様々な音楽に触れております。
山下達郎ファンクラブ
TATSURO MANIA会員。
水樹奈々ファンクラブ
S.C. Nana Net 会員。
上坂すみれファンクラブ
コルホーズの玉ねぎ畑 会員。
自分にとって魅力的な音楽を、様々な視点で、
新旧洋邦を問わず掘り下げて参ります。
初心者ですが宜しくお願いします。
好きなジャンル:
1. AOR, MOR, ソフトロック
2. R&B,ファンク, モータウン,
ニュージャックスウィング,
フィラデルフィアソウル, シカゴソウル,
ブルーアイドソウル
3. ポップス、Jポップ
渋谷系、ニューミュージック
4. プログレッシブロック
5. ハードロック, へヴィメタル,
プログレッシブメタル, スラッシュメタル,
メロディックデスメタル,ブラックメタル
6. ジャズ,フュージョン,
ハードフュージョン, アシッドジャズ,
ハード・バップ, ジャズファンク,
ジャズロック
7. ジャジーヒップホップ,
オルタナティブヒップホップ
8. エモ, スクリーモ
9. ハウス, アシッドハウス,ディスコ

ライブラリは65,000曲ほどです。
ヘッドフォンはAKGのQ701、Audio TechnicaのATH-ESW9、
イヤフォンはShure-SE425を使っています。
①DENON PMA-50 + Zensor1 (USB-DACプリメインアンプ+スピーカー)
②iPod Classic+TEAC-HAp50(ヘッドフォンアンプ)
③ONKYO DP-X1A のいずれかで聴いています。
ブログとして記事を書くことを通じて
自分のライブラリと向き合ってみると、
相当趣味が偏ってるということを
痛感しています。
これから沢山の音楽に触れ、勉強していきたいです。
たまに医学関連の記事や日々の雑感を書いております。
※当ブログはリンクフリーです。
コメント下さると励みになります。
下さったら嬉しいです。
※Twitterもやっております。
アカウント名はprivategrooveです。
https://twitter.com/privategroove
こちらでもおすすめの音楽など情報を流しております!
フォロー下さると嬉しいです。
可能な限りフォローバック、コメントしに参ります。
※放送企画として「私的名盤放送」というラジオを配信しております。
ツイートキャスティングホームページをご覧下さい。不定期に配信、Twitterにて情報を呟いております。ハッシュタグは「#私的名盤放送」です。宜しくお願い致します。
http://twitcasting.tv/privategroove

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

総閲覧者数(ユニークアクセス)

アクセスカウンター(PV数, 2013/12/26より集計)

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

にほんブログ村 CDレビュー

にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村

Feedly(RSSリーダー)で「私的名盤紹介」を読む

RSSリーダーとは、Google, Feedlyなど複数あるアプリまたはサイトを用いて自身で登録したブログの更新を自動で確認し、さらにブログ記事をテキストと画像、リンクのみの軽い状態で見ることができるツールです。 管理人も便利ですので積極的に使っております。 Feedlyにはスマホ向けアプリもありますが、PCはブラウザで操作でき動作も軽いため使っております。

follow us in feedly

「私的名盤紹介」管理人Twitterをフォローする

私的名盤紹介トップページをはてなブックマークに登録する

「私的名盤紹介」トップページをはてなブックマークに追加

「私的名盤紹介」管理人によるはてなブックマークを見る

管理人が普段見ている音楽系サイトで、気になる記事について、日々 「はてなブックマーク」を使ってコメントを付け、まとめております。 当サイトであまり取り扱わない音楽ジャンルの記事、年間ベスト、評論など雑多に取り扱っています。フォロー頂けると嬉しいです。

私的名盤紹介はてなブックマーク

「私的名盤紹介」管理人Twitter

TweetsWind

にほんブログ村ランキング(CD Review)

もし記事を楽しんでいただけましたら、お手数ですが 下の「このブログに投票」のところをクリックしていただけると大変嬉しいです。 投票はランキングに反映されます。

RSSリンクの表示

Ninja Tools(アクセス解析)

検索フォーム

相互リンク 音楽系レビューサイト

このブログをリンクに追加する

現在の閲覧者数

現在の閲覧者数: