私的名盤紹介―真の雑食を目指して

自分の心に残った作品を紹介することで、新たな音楽を見つけるきっかけとして頂ければ嬉しいです。

今日の一枚(327)

Album: Loopified
Artist: Dirty Loops
Genres: Fusion, Pops

Loopified.jpg

スウェーデン出身の3人組フュージョングループ。
メンバーはJonah Nilsson(Vo, Piano), Henrik Linder(B), Aaron Mellergardh(Dr)です。
2010年結成。2014年作の1st。メンバーは全員スウェーデンの
ソードラ・ラテン音楽学校からスウェーデン王立音楽アカデミーに進学して
バンドを結成します。Nilssonはクラシック音楽理論を専攻、
LinderとMellergardhはジャズを専攻していました。
Linderは4歳の頃からピアニストとしてのキャリアを積み始め、13歳の時に
ベースに転向しています。Nilssonはストックホルムの教会で聖歌隊として
歌っていた両親の影響で歌を歌い始め、11歳の時にピアノを弾き始めました。
そしてその後ストックホルム出身のシンガーソングライターである
Danny Saucedo(1986-)のバックコーラスとキーボーディストとして
2005年のツアーに帯同しています。元々同じ学校出身の三人は共にセッションをしており、
その企画としてLady Gaga/Just Danceのフュージョンン・アレンジや、
Justin Bieber, Britney Spears, Adeleなどのカヴァーをyoutubeやmyspaceにアップし、
これが100万回以上の再生回数を獲得したことでその名が知られるようになっていきます。
2011年にはプロデューサー、ソングライターとしてAndreas Carlssonが
バンドマネージャーになり、TVでのインタビュー出演を重ねて知名度を上げていきます。
2012年にはアメリカに渡り、Brian McKnight, Simon Phillips, Nathan Eastなどと
面識を持つ機会を得たことから、David Fosterの熱烈な勧誘もあって
Universal Music傘下の歴史あるジャズ系レーベルであるVerveレコードから
デビューすることが決定します。
音楽性としては、Nilssonのシンセやキーボードを中心とした音作りのため、
非常に派手でキラキラとしたイメージがありますが、リズム隊の演奏は
鋭く、テクニカルフュージョンの体を成しています。
サウンド全体としては、Casiopeaに代表されるような往年のジャパニーズフュージョン
のそれにかなり近く、好きな方は間違いなく嵌ると思います。
ボーカルの声質はStevie Wonderを思わせるものがあり、ソウルフルで、
ベースのタイム感、ノリはモータウンまたはファンクの影響が大きくみられるため、
煌びやかなキーボードの音を適度に引き締めており、ブラック好きにも十分
楽しめる内容になっていると思います。
#1Hit Meは、タイトに引き締まったドラムスがダンサブルなビートを
作りながら、複雑なリズムを刻むシンセを弾きながらこれを歌う
Nilssonの技術にただただ驚かされます。鋭いハイトーンボーカルや
合間合間に挟まれるベースのフィルインの難解さには思わず笑みがこぼれます。
スラップしまくりなベースとブレイクビーツやドラムンベースにも近い
幾重にも重ねられたリズムチェンジがテクニカルな#2Sexy Girlsに続いて、
妖しげでダークな感触のある#3Sayonara Loveは、歪みの掛かったシンセや
ベースリフに中毒性があります。
エモーショナルなシンセソロも泣いていて最高。お気に入り。
ストリングス系のシンセに暖かいフィーリングのある#4Wake Me Upは、
アウトロのベースソロが聴き所です。
ジャジーで饒舌なピアノソロの後にダンサブルでキラキラした音で締める
#5Die For Youから,コズミックなシンセとコーラスから始まる#6It Hurtsは
テンポを落としてファルセット交じりの歌唱で歌い上げて行きます。
ニュージャックスウィングのような感触のあるシンセが印象的な
#7Lost In Youは、ソウルフルなボーカルが映えていて素晴らしいです。お気に入り。
サイバーなシンセと壮大なオーケストレーションの対比が心地よい
#8Take On The Worldは、派手な部分転調を挟んでドラムスも派手になっていいます。
しかし何といってもLinderのベースのテクニックは、若手の中では
Hadrien Feraudに負けずとも劣らぬレベルだと思います。
哀愁の漂うハーモニカソロと、スウィンギーなリズムをバックに
派手にスラップするベースが強いビート感を与える#9Accidentally Loveは、
シンセとベースのユニゾンパートの緊張感が最高です。お気に入り。
如何にも古典的なフュージョンライクなピアノソロの後、
曲後半で凄まじいソロを見せるAaron Mellergardのドラムがフィーチャーされた
#10The Way She Walksでは、現代型のドラマーらしく、一打一打にムラが全くなく
自由自在に細かく分割されたビートを完璧に叩き切るメカニカルなソロを披露しています。
本作の中でも異色なピアノ弾き語りのバラード#11Crash And Burn Delightは、
残り1:30辺りからドラムス、生々しいコーラスが入ってきて複雑なキメが出てきます。
#12Roller Coasterは、パーカッシブなホーンの派手なフレージングが
EWFを思わせるサウンドですが、よりドラムスは重く複雑で、
ゴージャスな音というよりはモダンで引き締まった印象があります。
ジャジーなベースソロも良いです。お気に入り。
日本版のボーナストラックとしては宇多田ヒカルの大ヒット曲の
カバー#13Automatic(かなり大胆にリハーモナイズされハードなフュージョンに、
サビはダンサブルに生まれ変わっています)と、
#14Got Me Goingが収録されています。
David Fosterのプロデュース作品と考えると、そのイメージとは少し
離れているかもしれませんが、キラキラとしたシンセの音、
曖昧さのない鋭いリズムの妙を楽しみたい、
フュージョン好きな方には響くサウンドだと思います。
ジャパニーズフュージョンに近い、いい意味でのあのよかった時代の
臭いが漂ってくる作品だと思います。今後も楽しみです。

Hit Me

Sayonara Love

Lost In You

The Way She Walks

Roller Coaster

スポンサーサイト

この記事をはてなブックマークに追加

  1. 2014/08/17(日) 20:54:04|
  2. Dirty Loops
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<今日の一枚(328) | ホーム | 今日の一枚(326)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://grooveisalliwant.blog.fc2.com/tb.php/364-715828f7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Systematic Chaos

Author:Systematic Chaos
独断と偏見により、お気に入りのCDを紹介して行きます。
医学部医学科の大学生として臨床医となるべく勉強していました。(2011/04-2017/03)
無事医師免許取得し、2017年より研修医一年目として社会人生活が始まりました。
新しいことばかりでストレスも多いですが、相変わらず様々な音楽に触れております。
山下達郎ファンクラブ
TATSURO MANIA会員。
水樹奈々ファンクラブ
S.C. Nana Net 会員。
上坂すみれファンクラブ
コルホーズの玉ねぎ畑 会員。
自分にとって魅力的な音楽を、様々な視点で、
新旧洋邦を問わず掘り下げて参ります。
初心者ですが宜しくお願いします。
好きなジャンル:
1. AOR, MOR, ソフトロック
2. R&B,ファンク, モータウン,
ニュージャックスウィング,
フィラデルフィアソウル, シカゴソウル,
ブルーアイドソウル
3. ポップス、Jポップ
渋谷系、ニューミュージック
4. プログレッシブロック
5. ハードロック, へヴィメタル,
プログレッシブメタル, スラッシュメタル,
メロディックデスメタル,ブラックメタル
6. ジャズ,フュージョン,
ハードフュージョン, アシッドジャズ,
ハード・バップ, ジャズファンク,
ジャズロック
7. ジャジーヒップホップ,
オルタナティブヒップホップ
8. エモ, スクリーモ
9. ハウス, アシッドハウス,ディスコ

ライブラリは65,000曲ほどです。
ヘッドフォンはAKGのQ701、Audio TechnicaのATH-ESW9、
イヤフォンはShure-SE425を使っています。
iPod ClassicにTEAC-HAp50またはATH-PHA31i(ポータブルヘッドフォンアンプ)を挿して聴いています。
ブログとして記事を書くことを通じて
自分のライブラリと向き合ってみると、
相当趣味が偏ってるということを
痛感しています。
これから沢山の音楽に触れ、勉強していきたいです。
たまに医学関連の記事や日々の雑感を書いております。
※当ブログはリンクフリーです。
コメント下さると励みになります。
下さったら嬉しいです。
※Twitterもやっております。
アカウント名はprivategrooveです。
https://twitter.com/privategroove
こちらでもおすすめの音楽など情報を流しております!
フォロー下さると嬉しいです。
可能な限りフォローバック、コメントしに参ります。
※放送企画として「私的名盤放送」というラジオを配信しております。
ツイートキャスティングホームページをご覧下さい。不定期に配信、Twitterにて情報を呟いております。ハッシュタグは「#私的名盤放送」です。宜しくお願い致します。
http://twitcasting.tv/privategroove

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

総閲覧者数(ユニークアクセス)

アクセスカウンター(PV数, 2013/12/26より集計)

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

にほんブログ村 CDレビュー

にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村

Feedly(RSSリーダー)で「私的名盤紹介」を読む

RSSリーダーとは、Google, Feedlyなど複数あるアプリまたはサイトを用いて自身で登録したブログの更新を自動で確認し、さらにブログ記事をテキストと画像、リンクのみの軽い状態で見ることができるツールです。 管理人も便利ですので積極的に使っております。 Feedlyにはスマホ向けアプリもありますが、PCはブラウザで操作でき動作も軽いため使っております。

follow us in feedly

「私的名盤紹介」管理人Twitterをフォローする

私的名盤紹介トップページをはてなブックマークに登録する

「私的名盤紹介」トップページをはてなブックマークに追加

「私的名盤紹介」管理人によるはてなブックマークを見る

管理人が普段見ている音楽系サイトで、気になる記事について、日々 「はてなブックマーク」を使ってコメントを付け、まとめております。 当サイトであまり取り扱わない音楽ジャンルの記事、年間ベスト、評論など雑多に取り扱っています。フォロー頂けると嬉しいです。

私的名盤紹介はてなブックマーク

「私的名盤紹介」管理人Twitter

TweetsWind

にほんブログ村ランキング(CD Review)

もし記事を楽しんでいただけましたら、お手数ですが 下の「このブログに投票」のところをクリックしていただけると大変嬉しいです。 投票はランキングに反映されます。

RSSリンクの表示

Ninja Tools(アクセス解析)

検索フォーム

相互リンク 音楽系レビューサイト

このブログをリンクに追加する

現在の閲覧者数

現在の閲覧者数: