私的名盤紹介―真の雑食を目指して

自分の心に残った作品を紹介することで、新たな音楽を見つけるきっかけとして頂ければ嬉しいです。

今日の一枚(330)

Album: Scene 29
Artist: JaR
Genres: Soft Rock, AOR

Scene29.jpg


アメリカ、カリフォルニア州ロサンゼルス生まれの、音楽プロデューサー、作曲家、ギタリストの
Jay Graydon(1949-)と、アーカンソー州ホットスプリング出身の音楽プロデューサー、
作曲家のRandy Goodrum(1947-)の二人によるAOR/ソフトロックユニット。
Jay Graydonは度々私的名盤紹介で名前を出してきたと思いますが、
プロデューサーとしてはManhattan Transfer, George Benson, Al Jarreau,
Dionne Warwick, Pagesなどのプロデュースを手掛け、ギタリストとしては
Steely Danの名曲Pegでのギターソロ、それ以外でもLAのスタジオミュージシャンとして
Gino Vannelli, Diana Ross, The Jackson Five, Alice Cooper, Cheap Trick,
Christopher Cross, Ray Charles, Marvin Gaye, Hall & Oates, Wayne Shorter,
Olivia Newton-John, Albert Kingなどのバッキングを務めていました。
他には、作曲家としては、Earth, Wind & Fire/After The Love Has Gone,
George Benson/Turn Your Love Aroundなど複数の楽曲でグラミー賞を受賞し、
Manhattan Transfer/Twilight Zone, Al Jarreau/Mornin', Breakin' Awayなど、
David FosterやChicagoのBill Champlinらとタッグを組みながら無数のヒット曲を生み出しています。
FosterとはユニットAirplayを1980年に結成したり、後のTOTOのメンバーとは無数の作品で
レコーディングを共にし、そのシルキーでリッチな音に満ちた作品群は、
未だに衰えぬ魅力を放ち続けています。
一方Randy GoodrumはプロデューサーとしてAnne Murray/You Needed Me, Broken Hearted Me,
Michael Johnson/Bluer Than Blue, England Dan & John Ford Coley/It's Sad to Belong,
Steve Perry/Oh Sherrie, Foolish Heart, DeBarge/Who's Holding Donna Now、そして、
David Foster, Jay Graydonと共にTotoの名曲I'll Be Over Youや、
Chicago/If She Would Have Been Faithful...などを手掛けています。
紹介が長くなりましたが、GraydonとGoodrumは80年代の中頃から共作の経験があり、
MORなポップスを制作してきました。しかしながら今作はキャッチ―なポップスと言う感じではなく、
複雑なハーモニー構成を持ったSteely Danの往年の楽曲を思わせるものになっています。
ボーカルは二人が交代(Goodrumの方が多いですが)で取っており、久々にGraydonの
歌唱が聴ける作品でもあります。楽曲の構造は基本的にGoodrumが作ったと思われますが、
どの曲にもGraydonの流麗なギターソロが収録されていて、
彼のギターサウンドをひたすら聴きたいのであれば、(Airplay For The Planetなど
ソロ作品も素晴らしいですが)十二分に聴く価値のある作品だと思います。
ドラムベースなど、トラックは基本的に打込みによるものですが、音処理は非常に
モダンなイメージで、かっちりとしたグルーブに満ち満ちています。
スタジオミュージシャンによる生演奏ではないため、それがある種音の薄さであるとか
面白味のなさということで解釈されれば、やはり本家のSDのように豪華絢爛に
スタジオミュージシャンを起用して制作すべきではなかったか、ということも
言えなくはありませんが、筆者としては幾重にも重ねられた録音による音とは異なった、
打込みらしい密室感というか、すっきりとした感覚があるので、これはこれで好きです。
特にシンセベースやドラムの音色は、生に近い感触があるのに、音が揺れない感じが
不思議な感覚があって気に入っています。
二人とも長きに渡って活動を続けてきた人物であるだけに、本作は一種の道楽のようなものでは
あるのでしょうが、サウンドの完璧な配置と計算に対する拘りの強さを窺い知ることができます。
Graydonのギターソロは、かつてのプレイよりもさらにピッキングのアタックが現れない
滑らかなフレージングで、派手な泣きのフレーズよりも、複雑なコード進行の中で饒舌な
ソロを取るために、スケールに則ったプレイが印象的です。
シンコペーションしたアコギのストロークとフュージョン的なシンセベースが印象的な
#1Cure Kitは、サビのボーカルに掛けられたエフェクトにモダンな感覚があります。
Graydonのソロはピッキングの数が少なく最近の彼らしいプレイです。
#2Call Donovanは、メロ部分に多用されるコーラスがハーモニーに緊張感を与えており、
ファンキーなドラムスと、低域の強いトーンのベースが良く合っています。
ギターソロはスケールライクなフレーズを中心としていて、ハーモニクスの音が心地良いです。
エンジン音のSEが入ってフェードアウトして行きます。お気に入り。
4ビートを刻むドラムスは柔らかい音に変化して、ウッドベースがジャジーな#3Esquireは、
スウィンギーで異色な一曲です。ここでもサビではボーカルにはオートチューンのようなエフェクトが
掛けられています。最後の1分弱からリズムチェンジしてフルートのロングソロ、
そしてアウトロにはロック的なギターソロが収められています。
派手にワウの掛けられたシンセのリフを中心に展開する#4Make Somebodyは、
単音カッティングのバッキングや、ギターソロ、フルートソロの入り方が面白いです。
#5Your Heartbreakは、渋い楽曲の多い中でとりわけポップなサビが印象的な一曲です。
短いギターソロの後は、細かくコードチェンジしながら転調していく展開が洒脱です。
ボーカルも熱を帯びた感じで素晴らしい。お気に入り。
グッとテンポを落としたバラードの#6Worlds Apartは、穏やかなストリングスを加えた
メロウでジャジーな一曲です。アコギのオブリガートも音数が絞られています。
表題曲の#7Scene 29は、抑制されたメロ部分ではベースラインが際立っていて、
サビに掛けては細かなキメとブレイクを挟んでスウィンギーなサビへと繋がっていきます。
#8GPSは、冒頭から流れる短いリフをシンセとギターがユニゾンして行く中で、
鋭さを増した打込みのドラムスはさながらKeith Carlockの叩きだすようなグルーブがあって
かなり好みの音です。ギターソロもこのグルーブに完璧に乗り切った
音の伸ばし方で最高。お気に入り。
#10Glen's Hairは、ブライトなシンセのイントロにTOTOっぽさを感じます。
ライブをもしやれば(??)サビのlalalaで合唱できそうです。ギターソロは珍しいほどに弾きまくっています。
#11The Cabo Cadはソウルっぽい香りのするハーモニーが特徴的で、
アウトロでのシンセとギターによる激しいソロ合戦が楽しめる一曲になっています。お気に入り。
打込みによる揺るがないサウンドと練られたハーモニーに、Graydonによるギターソロが合わさって、
パッと聴いた感じでは生々しいようでありながら、無機質で現実離れした浮遊感があります。
佳作。

Your Heartbreak

Scene 29

GPS

The Cabo Cad
スポンサーサイト

この記事をはてなブックマークに追加

  1. 2014/09/04(木) 14:11:36|
  2. JaR
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<今日の一枚(331) | ホーム | 今日の一枚(329)>>

コメント

Systematic Chaos様

Randy GoodrumはAOR名盤として
『FOOL'S PARADISE』を愛聴しておりました。
こんなデュオ作もあるのですね。
全然知りませんでした。
やっぱりいい曲書きますね。
そして
Jay Graydon個人にはまだ注目しておりませんでしたが、おっしゃる通り素晴らしいミュージシャンだと思います。

質の高いAOR作で欲しくなりました。
  1. 2014/09/05(金) 18:56:13 |
  2. URL |
  3. GAOHEWGII #-
  4. [ 編集 ]

Re: タイトルなし

元々TOTOやAirplayのファンであったこともあって、
Graydonのプロデュースした作品や彼のギターソロには思い入れがあったため、
雑誌で本作の存在を知り即購入に至りました。
Goodrumの方は実は自分はあまり詳しくなく、ソロ作品をこれから聴いてきたいと思っております。
打込みでありながらこの音のクオリティは見事だと思いますし、
ベースなんかは非常に参考になると思います。

  1. 2014/09/10(水) 01:43:02 |
  2. URL |
  3. Systematic Chaos #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://grooveisalliwant.blog.fc2.com/tb.php/367-4783d6a0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Systematic Chaos

Author:Systematic Chaos
独断と偏見により、お気に入りのCDを紹介して行きます。
医学部医学科の大学生として臨床医となるべく勉強していました。(2011/04-2017/03)
無事医師免許取得し、2017年より研修医一年目として社会人生活が始まりました。
新しいことばかりでストレスも多いですが、相変わらず様々な音楽に触れております。
山下達郎ファンクラブ
TATSURO MANIA会員。
水樹奈々ファンクラブ
S.C. Nana Net 会員。
上坂すみれファンクラブ
コルホーズの玉ねぎ畑 会員。
自分にとって魅力的な音楽を、様々な視点で、
新旧洋邦を問わず掘り下げて参ります。
初心者ですが宜しくお願いします。
好きなジャンル:
1. AOR, MOR, ソフトロック
2. R&B,ファンク, モータウン,
ニュージャックスウィング,
フィラデルフィアソウル, シカゴソウル,
ブルーアイドソウル
3. ポップス、Jポップ
渋谷系、ニューミュージック
4. プログレッシブロック
5. ハードロック, へヴィメタル,
プログレッシブメタル, スラッシュメタル,
メロディックデスメタル,ブラックメタル
6. ジャズ,フュージョン,
ハードフュージョン, アシッドジャズ,
ハード・バップ, ジャズファンク,
ジャズロック
7. ジャジーヒップホップ,
オルタナティブヒップホップ
8. エモ, スクリーモ
9. ハウス, アシッドハウス,ディスコ

ライブラリは65,000曲ほどです。
ヘッドフォンはAKGのQ701、Audio TechnicaのATH-ESW9、
イヤフォンはShure-SE425を使っています。
iPod ClassicにTEAC-HAp50またはATH-PHA31i(ポータブルヘッドフォンアンプ)を挿して聴いています。
ブログとして記事を書くことを通じて
自分のライブラリと向き合ってみると、
相当趣味が偏ってるということを
痛感しています。
これから沢山の音楽に触れ、勉強していきたいです。
たまに医学関連の記事や日々の雑感を書いております。
※当ブログはリンクフリーです。
コメント下さると励みになります。
下さったら嬉しいです。
※Twitterもやっております。
アカウント名はprivategrooveです。
https://twitter.com/privategroove
こちらでもおすすめの音楽など情報を流しております!
フォロー下さると嬉しいです。
可能な限りフォローバック、コメントしに参ります。
※放送企画として「私的名盤放送」というラジオを配信しております。
ツイートキャスティングホームページをご覧下さい。不定期に配信、Twitterにて情報を呟いております。ハッシュタグは「#私的名盤放送」です。宜しくお願い致します。
http://twitcasting.tv/privategroove

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

総閲覧者数(ユニークアクセス)

アクセスカウンター(PV数, 2013/12/26より集計)

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

にほんブログ村 CDレビュー

にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村

Feedly(RSSリーダー)で「私的名盤紹介」を読む

RSSリーダーとは、Google, Feedlyなど複数あるアプリまたはサイトを用いて自身で登録したブログの更新を自動で確認し、さらにブログ記事をテキストと画像、リンクのみの軽い状態で見ることができるツールです。 管理人も便利ですので積極的に使っております。 Feedlyにはスマホ向けアプリもありますが、PCはブラウザで操作でき動作も軽いため使っております。

follow us in feedly

「私的名盤紹介」管理人Twitterをフォローする

私的名盤紹介トップページをはてなブックマークに登録する

「私的名盤紹介」トップページをはてなブックマークに追加

「私的名盤紹介」管理人によるはてなブックマークを見る

管理人が普段見ている音楽系サイトで、気になる記事について、日々 「はてなブックマーク」を使ってコメントを付け、まとめております。 当サイトであまり取り扱わない音楽ジャンルの記事、年間ベスト、評論など雑多に取り扱っています。フォロー頂けると嬉しいです。

私的名盤紹介はてなブックマーク

「私的名盤紹介」管理人Twitter

TweetsWind

にほんブログ村ランキング(CD Review)

もし記事を楽しんでいただけましたら、お手数ですが 下の「このブログに投票」のところをクリックしていただけると大変嬉しいです。 投票はランキングに反映されます。

RSSリンクの表示

Ninja Tools(アクセス解析)

検索フォーム

相互リンク 音楽系レビューサイト

このブログをリンクに追加する

現在の閲覧者数

現在の閲覧者数: