私的名盤紹介―真の雑食を目指して

自分の心に残った作品を紹介することで、新たな音楽を見つけるきっかけとして頂ければ嬉しいです。

今日の一枚(336)

Album: Evolve
Artist: Chelsea Grin
Genres: Deathcore, Black Metal, Progressive Metal, Metalcore

Evolve.jpg


アメリカ、ユタ州ソルトレイクシティ出身のデスコア/ブラックメタルバンド。
2007年結成。本作は2012年作の2ndEPで、オリジナルアルバムは3枚発売しています。
トリプルギターにベース、ドラムスとボーカルという(現在はツインボーカルとなっているようですが)
変則的な編成で、結成以後、様々にメンバーを変えながら活動しています。
激しいスクリームとブラックメタルを思わせる歪んだバッキング、
その中に電子音を取り入れたサウンドと言う点で、流行のサウンドと言えるでしょう。
疾走する楽曲は少なく、重いリズム隊(とりわけPablo Viverosのバスドラムは人間離れした
パワーがあります)とJason Richardsonを中心とするテクニカルなギター、
ストリングス系のシンセの音色のためにプログレメタル(ギターリフの断片化はDjentのそれに
近いと考えてよいと思いますが)に近い部分もあります。
彼らはEric Rushingによって設立されたArtery Recordings(カリフォルニア州サクラメントに
あります)と2009年に契約を結んで作品をリリースしており、2ndフルのMy Damnation(2011)と
本作はBillboardのHard Rockチャートでそれぞれ6位と4位を獲得するなど、
スマッシュヒットとなっており、最新作も4位となっていて、彼らへの期待の大きさが窺われます。
昨年はEverytime I Die、今年ではSuiside Silenceのツアーのオープニングアクトを務めたり、
多数のバンドのサポートとしても全米、全豪でのツアーも経験しています。
他にも、アメリカ最大級の複合型フェスティバルの一つであるWarped Tourにも参加しています。
プロデュースはジョージア州アトランタ出身のデスメタルバンドであるDaathのギタリスト
であるEyal Levi(1979-)が担当しています。
デビュー当時は全曲スクリームによるボーカルでしたが、
本作では唯一のオリジナルメンバーであるAlex Koehlerがスクリームで、
そしてドラマーのPablo Viverosがクリーンボーカルで歌っており、
電子音の割合も増えていて、本作を転換期としてサウンドが変化しています。
#1The Second Comingは、ストリングスの低音とミニマルな電子音が飛び交うイントロから、
突如としてスクリームが入り、メタルパートへと変化していきます。
Meshuggahhのような極低音のギターリフと、異常に粒の揃ったバスドラムが強烈な存在感を
放っています。タッピングを絡めたリフからスクリームを挟んでブレイクダウンがあり、
長いギターソロへと繋がっていきます。お気に入り。シンフォニックに終わっていきながら、
そのままシームレスに激しいバスドラムの連打の中で続く#2Lilithは、
False Chordとスクリームを巧みに使い分けるボーカルワークが聴き所です。
サビではクリーンによるメロディがあって、リードギターのフレーズも音も殆ど歪んでいなくて、
Dream Theaterのようでもあります。
長いスクリームでフェードアウトし、#3S.H.O.Tでは、緩急の付いたギターリフに、
メタルコア~グルーブメタルのような感覚があって異色な一曲です。
ギターソロは、ボーカルこそ歪んでいますが、
かなりクサいメロディを弾いていて好みです。お気に入り。
#4Confessionは、絶妙にバスドラムとユニゾンしたDjentなギターリフが中心となっており、
オブリガート的に入れられるリードギターがこれまたキャッチーです。
サビではベースも楽しげに歌っていて素晴らしい。テンポダウンしながら終わっていきます。
冒頭からキャッチ―でポップな#5Don't Ask, Don't Tellは、クリーントーンによるアルペジオと
シンセの印象的なバラードかと思わせておいて、所々フラッシュバックするかのように
メタリックなギターが挿入されていて面白い構造の一曲です。
中間部にはミニマルなパートがあり、本作の中でも特に長いのギターソロが用意されています。
トレモロ奏法は音の粒が揃っていて心地良いです。アウトロでは壮大なコーラスが入っています。
ボーナストラックとしては、2010年作の1stフル、Desolation of Edenに収録されていた
The Human Conditionのリミックスが収録されています。
スロウテンポなデスコア、ドゥームメタルと言う印象が強かったであろう彼らですが、
本作ではよりシンセサウンドが強調された形となっています。
最新作もこの流れを引き継ぐ形のもののようですし、
本作は重要なターニングポイントとなる作品なのでしょう。
ライブでこれらの楽曲がどう昇華されるのか、見てみたいです。

The Second Coming

S.H.O.T

Confession

Don't Ask, Don't Tell
スポンサーサイト

この記事をはてなブックマークに追加

  1. 2014/09/18(木) 15:56:39|
  2. Chelsea Grin
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<今日の一枚(337) | ホーム | 今日の一枚(335)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://grooveisalliwant.blog.fc2.com/tb.php/373-d182f07c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Systematic Chaos

Author:Systematic Chaos
独断と偏見により、お気に入りのCDを紹介して行きます。
医学部医学科の大学生として臨床医となるべく勉強しています。
山下達郎ファンクラブ
TATSURO MANIA会員。
水樹奈々ファンクラブ
S.C. Nana Net 会員。
上坂すみれファンクラブ
コルホーズの玉ねぎ畑 会員。
初心者ですが宜しくお願いします。
好きなジャンル:
1. AOR, MOR, ソフトロック
2. R&B,ファンク, モータウン,
ニュージャックスウィング,
フィラデルフィアソウル, シカゴソウル,
ブルーアイドソウル
3. ポップス、Jポップ
渋谷系、ニューミュージック
4. プログレッシブロック
5. ハードロック, へヴィメタル,
プログレッシブメタル, スラッシュメタル,
メロディックデスメタル,ブラックメタル
6. ジャズ,フュージョン,
ハードフュージョン, アシッドジャズ,
ハード・バップ, ジャズファンク,
ジャズロック
7. ジャジーヒップホップ,
オルタナティブヒップホップ
8. エモ, スクリーモ
9. ハウス, アシッドハウス,ディスコ

ライブラリは65,000曲ほどです。
ヘッドフォンはAKGのQ701、Audio TechnicaのATH-ESW9、
イヤフォンはShure-SE425を使っています。
iPod ClassicにTEAC-HAp50またはATH-PHA31i(ポータブルヘッドフォンアンプ)を挿して聴いています。
ブログとして記事を書くことを通じて
自分のライブラリと向き合ってみると、
相当趣味が偏ってるということを
痛感しています。
これから沢山の音楽に触れ、勉強していきたいです。
たまに医学関連の記事や日々の雑感を書いております。
※当ブログはリンクフリーです。
コメント下さると励みになります。
下さったら嬉しいです。
※Twitterもやっております。
アカウント名はprivategrooveです。
https://twitter.com/privategroove
こちらでもおすすめの音楽など情報を流しております!
フォロー下さると嬉しいです。
可能な限りフォローバック、コメントしに参ります。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

総閲覧者数(ユニークアクセス)

アクセスカウンター(PV数, 2013/12/26より集計)

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

にほんブログ村 CDレビュー

にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村

Feedly(RSSリーダー)で「私的名盤紹介」を読む

RSSリーダーとは、Google, Feedlyなど複数あるアプリまたはサイトを用いて自身で登録したブログの更新を自動で確認し、さらにブログ記事をテキストと画像、リンクのみの軽い状態で見ることができるツールです。 管理人も便利ですので積極的に使っております。 Feedlyにはスマホ向けアプリもありますが、PCはブラウザで操作でき動作も軽いため使っております。

follow us in feedly

「私的名盤紹介」管理人Twitterをフォローする

私的名盤紹介トップページをはてなブックマークに登録する

「私的名盤紹介」トップページをはてなブックマークに追加

「私的名盤紹介」管理人によるはてなブックマークを見る

管理人が普段見ている音楽系サイトで、気になる記事について、日々 「はてなブックマーク」を使ってコメントを付け、まとめております。 当サイトであまり取り扱わない音楽ジャンルの記事、年間ベスト、評論など雑多に取り扱っています。フォロー頂けると嬉しいです。

私的名盤紹介はてなブックマーク

「私的名盤紹介」管理人Twitter

TweetsWind

にほんブログ村ランキング(CD Review)

もし記事を楽しんでいただけましたら、お手数ですが 下の「このブログに投票」のところをクリックしていただけると大変嬉しいです。 投票はランキングに反映されます。

RSSリンクの表示

Ninja Tools(アクセス解析)

検索フォーム

相互リンク 音楽系レビューサイト

このブログをリンクに追加する

現在の閲覧者数

現在の閲覧者数: