私的名盤紹介―真の雑食を目指して

自分の心に残った作品を紹介することで、新たな音楽を見つけるきっかけとして頂ければ嬉しいです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

この記事をはてなブックマークに追加

  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

今日の一枚(375)

Album: Fret not... Fear all... Faint Not
Artist: Freak Zoid
Genres: Progressive Rock, Fusion

Fret Not Fear All Faint Not

アメリカ、ニュージャージー州出身のフュージョン~プログレ系ギタリスト、作曲家である
Scott McGillによるテクニカルフュージョン、プログレッシブロックユニット。2012年作。

14歳の頃にギターを弾き始めた彼は、テンプル大学でジャズ演奏/作曲を専攻し、
始めはRobert Hazardのバッキング(1985-1986)としてスタジオミュージシャン活動を開始します。
1991年にはHand Farmという自身がリーダーのバンドを結成し、Finneus Gaugeというプログレバンドの
メンバーとしても活動していました。1997, 1999年に二枚のオリジナルアルバムを残しています。

その後、2001年にはFinneus Gaugeのメンバーなどを集めてMichael Manring, Vic Stevensらと
Addition By Subtractionと言うバンドを結成(2006年作のセルフタイトルには現Dream Theaterの
Jordan Rudessがゲストとして参加するなどしています)し、ライブ、オリジナルアルバムを発表しています。

彼のギタリストとしてのスタイルは、弦飛び、フリージャズ的な手法による
スケールアウトの極めて多いフレーズ、強固な左手による音の繋がったレガート奏法、
ヴォリューム奏法などを始めとして、Allan HoldsworthやScott Hendersonの
それとかなり近いもので、テクニカルで変態的なジャズロックといった趣の強い作品を多く残しています。
ただし、メロディアスな速弾きにはプログレメタル的な様式美なフレーズも散見され、
こちらも是非CDを手に入れて聴き込んでみたいと思っております。

今回紹介するFreak Zoidは、2006年作のソロアルバム、Awarenessに参加したメンバーである
Ritchie DeCarlo(Dr, Per, Theremin), Kjell Benner(B), Dave Klozss(Stick)のトリオで
録音されており、初期の作品と比べてよりプログレ色の増した音像となっています。
テクニカルなキメやリズムチェンジが繰り返される中で、メタリックでダークな歪みのギターが
唸りを上げまくっています。特に、個人的にはドラムスのRitchie DeCarloがなかなか素晴らしく、
複雑なリズム、ハードでパワフルなフレーズの中にも、ハイハットやスネア、
リムショットなどの音の配置にフュージョン由来の軽快な16ビート的なグルーブがあり、
混沌としたギターのフレーズの中にも、タイトで端正なイメージを湧き立たせています。
基本的には他のパートを支えることに集中しているベースも、曲によってはメロディアスに
弾き倒しており、全体としてはセッション、ジャム的な要素がかなり強い内容となっています。

#2All up in thisでは音程差の大きいギターの速弾きフレーズにユニゾンするベース、
浮遊感あるエレピのバッキングにタムやリムショットを巧みに絡めたドラミングがフュージョン色を
強く打ち出しています。お気に入り。
#3TRNBではMike Sternのリーダー作品を思わせるようなアウト感満載の荒く歪ませたギターは、
速弾きにはHoldsworthを思わせる部分が強く、暴れまくり、重低音でどっしりとしたベースが心地良いです。お気に入り。
ベースが前面に出て、メロディアスに弾き倒している#4The Gizmo Tronixでは、
ギターは高音域のかなり出たキンキンしたトーンで、ドラムスはより手数多くメタリックになっています。最高。
#5Звук волны (zvuk volny)は、ギターとフレットレスベース、コンガによる
アコースティックでアフリカンな一曲です。
ブルージーで狂気を孕んだ速弾きギターとツーバスドコドコ踏みながらも繊細なシンバルワークを見せる
ドラムスで疾走する#6Six Foot Eight、ハードロック的な重厚なグルーブのある#8Ben Ali Game overは、
ジャキジャキとしたリズムギターにアウト感のあるリードフレーズ、
高音の強調されたトーンのギターシンセのような、ハーモニカのような音がオブリガート的に入って
来るのも良いです。歪ませたベースによるソロも入っています。
冒頭からひたすらに激しいツーバスとジャズの4ビート風のライドシンバルを組み合わせた
リズムパターンに、ワウを掛けた歪みのリズムギター、クリーントーンの速弾きで自由自在に切り込む
#9Five Zoidは、轟音にひたすらに圧倒される一曲です。
インダストリアルのような機械音と金属音がポリリズミックに構築されながら、
次第にベースリフが入って来てミニマルに展開する#10Vague Hausもお気に入り。
スウィンギーで抜けの良いドラムスの叩き出す変拍子と、奇怪なフレーズを次々と
生み出していくギター、ハイの出た、Jacoを思わせるようなトーン、同音連打からの若干レイドバックした
フレージングにはWill Leeを思わせるようなファンキーさもある変態速弾きベースラインで
疾走感たっぷりに進んでいく#11Pasted Tripは、リズムチェンジを巧みに挟みながら、
鋭いグルーブに満ち満ちています。最高。

テクニカルな変態系ギタリストによるプログレチックなフュージョン作品ということになりますが、
リズム隊の生み出すファンクやジャズからの影響が垣間見える粘りのあるグルーブと合わさって、
非常に個性的なアンサンブルを生み出していると思います。佳作。

All Up In This[Live]

Звук волны (zvuk volny)

リーダーのギタリストScott McGillによるセッションです。
スポンサーサイト

この記事をはてなブックマークに追加

  1. 2015/03/10(火) 23:28:55|
  2. Freak Zoid
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<今日の一枚(376) | ホーム | 今日の一枚(374)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://grooveisalliwant.blog.fc2.com/tb.php/421-8e42528a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Systematic Chaos

Author:Systematic Chaos
独断と偏見により、お気に入りのCDを紹介して行きます。
医学部医学科の大学生として臨床医となるべく勉強しています。
山下達郎ファンクラブ
TATSURO MANIA会員。
水樹奈々ファンクラブ
S.C. Nana Net 会員。
上坂すみれファンクラブ
コルホーズの玉ねぎ畑 会員。
初心者ですが宜しくお願いします。
好きなジャンル:
1. AOR, MOR, ソフトロック
2. R&B,ファンク, モータウン,
ニュージャックスウィング,
フィラデルフィアソウル, シカゴソウル,
ブルーアイドソウル
3. ポップス、Jポップ
渋谷系、ニューミュージック
4. プログレッシブロック
5. ハードロック, へヴィメタル,
プログレッシブメタル, スラッシュメタル,
メロディックデスメタル,ブラックメタル
6. ジャズ,フュージョン,
ハードフュージョン, アシッドジャズ,
ハード・バップ, ジャズファンク,
ジャズロック
7. ジャジーヒップホップ,
オルタナティブヒップホップ
8. エモ, スクリーモ
9. ハウス, アシッドハウス,ディスコ

ライブラリは50,000曲ほどです。
ヘッドフォンはAKGのQ701、Audio TechnicaのATH-ESW9、
イヤフォンはShure-SE425を使っています。
iPod ClassicにTEAC-HAp50またはATH-PHA31i(ポータブルヘッドフォンアンプ)を挿して聴いています。
ブログとして記事を書くことを通じて
自分のライブラリと向き合ってみると、
相当趣味が偏ってるということを
痛感しています。
これから沢山の音楽に触れ、勉強していきたいです。
たまに医学関連の記事や日々の雑感を書いております。
※当ブログはリンクフリーです。
コメント下さると励みになります。
下さったら嬉しいです。
※Twitterもやっております。
アカウント名はprivategrooveです。
https://twitter.com/privategroove
こちらでもおすすめの音楽など情報を流しております!
フォロー下さると嬉しいです。
可能な限りフォローバック、コメントしに参ります。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

総閲覧者数(ユニークアクセス)

アクセスカウンター(PV数, 2013/12/26より集計)

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

にほんブログ村 CDレビュー

にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村

Feedly(RSSリーダー)で「私的名盤紹介」を読む

RSSリーダーとは、Google, Feedlyなど複数あるアプリまたはサイトを用いて自身で登録したブログの更新を自動で確認し、さらにブログ記事をテキストと画像、リンクのみの軽い状態で見ることができるツールです。 管理人も便利ですので積極的に使っております。 Feedlyにはスマホ向けアプリもありますが、PCはブラウザで操作でき動作も軽いため使っております。

follow us in feedly

「私的名盤紹介」管理人Twitterをフォローする

私的名盤紹介トップページをはてなブックマークに登録する

「私的名盤紹介」トップページをはてなブックマークに追加

「私的名盤紹介」管理人によるはてなブックマークを見る

管理人が普段見ている音楽系サイトで、気になる記事について、日々 「はてなブックマーク」を使ってコメントを付け、まとめております。 当サイトであまり取り扱わない音楽ジャンルの記事、年間ベスト、評論など雑多に取り扱っています。フォロー頂けると嬉しいです。

私的名盤紹介はてなブックマーク

「私的名盤紹介」管理人Twitter

TweetsWind

にほんブログ村ランキング(CD Review)

もし記事を楽しんでいただけましたら、お手数ですが 下の「このブログに投票」のところをクリックしていただけると大変嬉しいです。 投票はランキングに反映されます。

RSSリンクの表示

Ninja Tools(アクセス解析)

検索フォーム

相互リンク 音楽系レビューサイト

このブログをリンクに追加する

現在の閲覧者数

現在の閲覧者数:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。