私的名盤紹介―真の雑食を目指して

自分の心に残った作品を紹介することで、新たな音楽を見つけるきっかけとして頂ければ嬉しいです。

SMAPのオリジナルアルバムに参加しているスタジオミュージシャンたち

お世話になっております。私的名盤紹介管理人のSystematic Chaosです。

時が経つのは早いもので、もう自分も医学部5年生となり、学生生活も残り2年間となりました。

やはり先月も忙しい生活が続いていてなかなか更新の機会に恵まれず、
Twitterの方も浮上頻度は少なかったと思います。

それでも新たな作品にはかなりたくさん出会っており、レビューしたい作品も溜まってきておりますので、
ポリクリ実習の合間を縫って更新を続けていきたいと思っております。
宜しくお願いします。

Twitterはブログに比べれば頻繁に呟いておりますし、チェックしておりますので、
何かしらメッセージがございましたらリプライを下さると宜しいかと思います。

というわけで、今回は表題の通り、日本を代表する男性アイドルグループであるSMAPの
オリジナルアルバムについて、少し紹介したく思います。

かなり前に、SMAPの楽曲を一流のスタジオミュージシャン達が集まってインストゥルメンタルにアレンジした
SMAPPIES(スマッピーズ)というアルバムを紹介しましたが、
これは90年代当時フュージョンファンたちにかなり評判が良かったようです。

彼らのオリジナルアルバムでは当然メンバーたちのボーカルが入っているわけですが、
そのオリジナルトラックのバッキングも、かなり凄いことになっているというお話でございます。

最近のSMAPの作品も決して悪いわけではないのですが、演奏とアンサンブルという面では打ち込み中心の
トラックとなってしまい、面白味には欠ける部分が強いと個人的には思います。

「優れた歌もののフュージョン」という点で評価できるのは、具体的には
SMAP 07~Gold Singer(1995), SMAP 008 TACOMAX(1996), SMAP 009(1996),
SMAP011 ス(1997), SMAP 012 VIVA AMIGOS! (1998)
」の4枚
ということになるかと思います。

それぞれの楽曲の解説をしてもいいのですが、かなり冗長になってしまうので、
ここではそれぞれの作品に参加しているミュージシャンを列挙するに留めたいと思います。
順序としては、その作品で登場回数が多い人を前に書くようにしております。
ここに書いてあるスタジオミュージシャンが好きな方なら、SMAPのオリジナルアルバムは
必聴だと思います。どれも最高のグルーブが詰まっています。

下の動画はニコニコ動画にアップロードされているもので、ドラマーに注目して
SMAPの曲をコンピレーションにしてあります。バックトラックに注目して聴いてみて下さい。面白いです。



SMAP 07~Gold Singer(1995)
Drums: Omar Hakim, Vinnie Colaiuta, Dennis Chambers, Bernard Purdie
Bass: Will Lee, Chuck Rainey
Guitar: David T. Walker, Wah Wah Watson, Hiram Bullock, Nick Morock, Michael Cambell, Ira Siegel
Piano, Key: Philippe Saisie, Jim Beard
Tenor Sax: Michael Brecker
etc

SMAP 008 TACOMAX(1996)
Drums: Omar Hakim, William ``JuJu'' House, Steve Gadd, Steve Ferrone
Bass: Will Lee, Anthony Jackson
Guitar: David T. Walker, Wah Wah Watson, Hiram Bullock
Piano, Key: Philippe Saisie, Jim Beard
Tenor Sax: Michael Brecker
Chorus: 佐々木久美
etc

SMAP009
Drums: Omar Hakim, Dave Weckl, Anton Fig
Bass: Will Lee, Tony Levin, John Patitucci
Guitar: Hiram Bullock, Ray Parker Jr., Jeff Golub, Dean Brown
Piano: Greg Phillinganes, Phillippe Saisse, Gil Goldstein
etc

SMAP WOOL(2枚目のベストアルバム)
Drums: Omar Hakim, Bernard Purdie, Dave Weckl,Poogie Bell, 神保彰、青山純
Bass: Will Lee, Chuck Rainey, John Patitucci, Victor Bailey、伊藤広規
Guitar: Wah Wah Watson, Ira Siegel, Nick Morock, 斉藤秀夫
Piano: Phillippe Saisse, Gil Goldstein, 重実徹
etc

SMAP 011 ス
Drums: Narada Michael Walden, William "JuJu" House
Bass: Will Lee, Barry Campbell
Guitar: Nile Rodgers
Piano: Leon Pendarvis
etc

SMAP 012 VIVA AMIGOS!
Drums: Steve Smith, Omar Hakim, Wiliam "JuJu" House
Bass: Will Lee
Guitar: Mike Campbell
Keyboard: 中西康晴
Sax: Kenny Garrett
Chorus: The Manhattan Transfer
etc

といったメンバーで、
これまで私的名盤紹介でレビューしてきた作品に参加してきたミュージシャンが
数多く登場していることが分かるかと思います。

フュージョンファンの方であれば間違いなく楽しめる内容になっていると思いますので、
是非聴いてみて下さい。筆者にとっても愛聴盤ばかりですし、中古でも安いです。

関連記事
スポンサーサイト

この記事をはてなブックマークに追加

  1. 2015/04/05(日) 00:06:56|
  2. 雑記(音楽関連)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<今日の一枚(384) | ホーム | 今日の一枚(383)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://grooveisalliwant.blog.fc2.com/tb.php/430-4c6887dd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Systematic Chaos

Author:Systematic Chaos
独断と偏見により、お気に入りのCDを紹介して行きます。
医学部医学科の大学生として臨床医となるべく勉強していました。(2011/04-2017/03)
無事医師免許取得し、2017年より研修医一年目として社会人生活が始まりました。
新しいことばかりでストレスも多いですが、相変わらず様々な音楽に触れております。
山下達郎ファンクラブ
TATSURO MANIA会員。
水樹奈々ファンクラブ
S.C. Nana Net 会員。
上坂すみれファンクラブ
コルホーズの玉ねぎ畑 会員。
自分にとって魅力的な音楽を、様々な視点で、
新旧洋邦を問わず掘り下げて参ります。
初心者ですが宜しくお願いします。
好きなジャンル:
1. AOR, MOR, ソフトロック
2. R&B,ファンク, モータウン,
ニュージャックスウィング,
フィラデルフィアソウル, シカゴソウル,
ブルーアイドソウル
3. ポップス、Jポップ
渋谷系、ニューミュージック
4. プログレッシブロック
5. ハードロック, へヴィメタル,
プログレッシブメタル, スラッシュメタル,
メロディックデスメタル,ブラックメタル
6. ジャズ,フュージョン,
ハードフュージョン, アシッドジャズ,
ハード・バップ, ジャズファンク,
ジャズロック
7. ジャジーヒップホップ,
オルタナティブヒップホップ
8. エモ, スクリーモ
9. ハウス, アシッドハウス,ディスコ

ライブラリは65,000曲ほどです。
ヘッドフォンはAKGのQ701、Audio TechnicaのATH-ESW9、
イヤフォンはShure-SE425を使っています。
iPod ClassicにTEAC-HAp50またはATH-PHA31i(ポータブルヘッドフォンアンプ)を挿して聴いています。
ブログとして記事を書くことを通じて
自分のライブラリと向き合ってみると、
相当趣味が偏ってるということを
痛感しています。
これから沢山の音楽に触れ、勉強していきたいです。
たまに医学関連の記事や日々の雑感を書いております。
※当ブログはリンクフリーです。
コメント下さると励みになります。
下さったら嬉しいです。
※Twitterもやっております。
アカウント名はprivategrooveです。
https://twitter.com/privategroove
こちらでもおすすめの音楽など情報を流しております!
フォロー下さると嬉しいです。
可能な限りフォローバック、コメントしに参ります。
※放送企画として「私的名盤放送」というラジオを配信しております。
ツイートキャスティングホームページをご覧下さい。不定期に配信、Twitterにて情報を呟いております。ハッシュタグは「#私的名盤放送」です。宜しくお願い致します。
http://twitcasting.tv/privategroove

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

総閲覧者数(ユニークアクセス)

アクセスカウンター(PV数, 2013/12/26より集計)

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

にほんブログ村 CDレビュー

にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村

Feedly(RSSリーダー)で「私的名盤紹介」を読む

RSSリーダーとは、Google, Feedlyなど複数あるアプリまたはサイトを用いて自身で登録したブログの更新を自動で確認し、さらにブログ記事をテキストと画像、リンクのみの軽い状態で見ることができるツールです。 管理人も便利ですので積極的に使っております。 Feedlyにはスマホ向けアプリもありますが、PCはブラウザで操作でき動作も軽いため使っております。

follow us in feedly

「私的名盤紹介」管理人Twitterをフォローする

私的名盤紹介トップページをはてなブックマークに登録する

「私的名盤紹介」トップページをはてなブックマークに追加

「私的名盤紹介」管理人によるはてなブックマークを見る

管理人が普段見ている音楽系サイトで、気になる記事について、日々 「はてなブックマーク」を使ってコメントを付け、まとめております。 当サイトであまり取り扱わない音楽ジャンルの記事、年間ベスト、評論など雑多に取り扱っています。フォロー頂けると嬉しいです。

私的名盤紹介はてなブックマーク

「私的名盤紹介」管理人Twitter

TweetsWind

にほんブログ村ランキング(CD Review)

もし記事を楽しんでいただけましたら、お手数ですが 下の「このブログに投票」のところをクリックしていただけると大変嬉しいです。 投票はランキングに反映されます。

RSSリンクの表示

Ninja Tools(アクセス解析)

検索フォーム

相互リンク 音楽系レビューサイト

このブログをリンクに追加する

現在の閲覧者数

現在の閲覧者数: