私的名盤紹介―真の雑食を目指して

自分の心に残った作品を紹介することで、新たな音楽を見つけるきっかけとして頂ければ嬉しいです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

この記事をはてなブックマークに追加

  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

今日の一枚(391)

Album: Poison
Artist: Bell Biv Devoe
Genres: R&B, New Jack Swing, Hip Hop

Poison.jpg

アメリカ、マサチューセッツ州ボストン出身の3人組R&Bユニット。1990年作の1st。
メンバーは、Ricky Bell, Michael Bivins, Ronnie DeVoeの三人です。
元々は80年代半ばから90年代に掛けてアメリカ国内のR&Bユニットとして大きな成功を収め、
Boyz 2 Men, Backstreet Boys, 'N Syncなどに影響を与えたNew Editionのメンバーでした。

彼らの他には、Bobby Brown, Johnny Gill, Ralph Tresvantの三人という知る人ぞ知る
メンバーが所属しており、三人は早い段階で、いわゆるブラックコンテンポラリーの界隈で
ソロで活躍していました。

本作はUSR&Bで1位となり、表題曲と2ndシングルのDo Me!は3位を記録しています。
プロデュースはPublic Enemyを担当したLouil Silas, Jr.やDr. Freezeが行っており、
全盛期のニュージャックスウィングのサウンドが堪能できます。
オリジナルアルバムは2001年に3rdを出して以来リリースしていませんが、
彼らは現在でも同じ三人でパフォーマンスを行ったり、New Editionの再結成に関係したりと、
活動を続けています。

三人のうち、Ricky Bellはリードボーカル、Michael Bivinsはラップとポエトリーリーディング、
Ronnie DeVoeはラップを担当しており、ニュージャックスウィングの作品の中でも、
本作はヒップホップ的なハードなグルーブとビート感があり、ラップをかなり
積極的に取り入れています。スピード感があってダイナミックで、しかしながら音を
詰め込みすぎず、短く切られたボイスサンプリングの使い方のセンス、パーカッシブな
エレピのコードバッキングなど、この時代ならではの音像だと思います。
本作はアメリカ国内で400万枚以上を売り上げ、Billboard 200では5位となっています。

左右に思い切り振られたキックがビシバシと決まっていくイントロが堪らない#1Dope!は、
ギラギラしたメロ部分ではエフェクトの掛けられたボイスサンプルがパーカッシブに鳴り、
サビ前にコズミックなシンセが入ってくる展開もベタベタですがクールです。
後半の訥々としたラップも最高です。
ぶっとくサスティーンの短いベースと甲高いスネアに単音カッティングのサンプリング、
微かにコード感を提示するシンセの入った#2B.B.D.(I Thought It Was Me)?は、
ますますビートが強くダークでファンキーな一曲になっています。最高。
続いてまだまだ重いビートが続く#3Let Me Know Something?!は、巧みなスクラッチが
駆使されたイントロからゴリゴリした展開にシンセのコード弾きがパーカッシブに
入っていくというお決まりの展開となっています。お気に入り。
#4Do Me!は、ウネウネしたシンセベースのリフ、カッティングを中心に、
エロい喘ぎ声が聞こえる中メロディアスに仕上がっています。
表題曲の#6Poisonは、元New Editionのメンバらしい美麗なコーラスが
フィーチャーされており、力強いビートの中で幾度となく迫ってきます。
ラップパートのバックがキラキラしたバッキングなのも良いバランスです。
適度に攻撃的でありながら中毒性もあって最高。
ひたすらにワンコードのカッティングがサンプリングされている
中でラップを中心に組み立てられた#7Ain't Nut'in' Changed!、
本作では貴重なスロウテンポのバラード#8When Will I See You Smile Again?は、
リズムマシンの残響が頽廃的な感じを与え、随所に挿入され迫ってくるSEがシリアスで
陰鬱な感じを醸し出していますが、ベースラインは低音の良く出た暖かみのある
フレージングで、甘く蕩けるようなコーラスワークと組み合わさって、
極上のクワイエットストームとなっています。最高。
続いてスロウテンポでしっとりと聴かせる#9I Do Need Youも、
音数の絞られたリズムトラックと、薄く聴こえてくるコーラスに包まれます。
Ricky Bellのボーカルも一段とパワフルでエモーショナルです。
サックスのロングソロ、キーボードソロの掛け合いで終わって行きます。

重くもたれかかったビートと、殆どコードが鳴らず暗いサウンドの中に、不気味とも
言える魅力を醸し出すシンセやボイスサンプルが的確なタイミングで、しかし突然に入ってきて、
混ざり合ってスペイシーな音に包まれる時の気持ちよさは、NJSならではの楽しさだと思いますし、
そうしたカタルシスを存分に味わえる一枚だと思います。
BOOK OFFで280円で買ったNJSのアルバムは数限りありませんが、これはジャケ買いして
本当に正解だったと思います。傑作。

Dope!

B.B.D.(I Thought It Was Me)?

Poison

When Will I See You Smile Again?
スポンサーサイト

この記事をはてなブックマークに追加

  1. 2015/05/21(木) 01:10:03|
  2. Bell Biv Devoe
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<今日の一枚(392) | ホーム | 今日の一枚(390)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://grooveisalliwant.blog.fc2.com/tb.php/439-e7df17f5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Author:Systematic Chaos
独断と偏見により、お気に入りのCDを紹介して行きます。
医学部医学科の大学生として臨床医となるべく勉強しています。
山下達郎ファンクラブ
TATSURO MANIA会員。
水樹奈々ファンクラブ
S.C. Nana Net 会員。
上坂すみれファンクラブ
コルホーズの玉ねぎ畑 会員。
初心者ですが宜しくお願いします。
好きなジャンル:
1. AOR, MOR, ソフトロック
2. R&B,ファンク, モータウン,
ニュージャックスウィング,
フィラデルフィアソウル, シカゴソウル,
ブルーアイドソウル
3. ポップス、Jポップ
渋谷系、ニューミュージック
4. プログレッシブロック
5. ハードロック, へヴィメタル,
プログレッシブメタル, スラッシュメタル,
メロディックデスメタル,ブラックメタル
6. ジャズ,フュージョン,
ハードフュージョン, アシッドジャズ,
ハード・バップ, ジャズファンク,
ジャズロック
7. ジャジーヒップホップ,
オルタナティブヒップホップ
8. エモ, スクリーモ
9. ハウス, アシッドハウス,ディスコ

ライブラリは50,000曲ほどです。
ヘッドフォンはAKGのQ701、Audio TechnicaのATH-ESW9、
イヤフォンはShure-SE425を使っています。
iPod ClassicにTEAC-HAp50またはATH-PHA31i(ポータブルヘッドフォンアンプ)を挿して聴いています。
ブログとして記事を書くことを通じて
自分のライブラリと向き合ってみると、
相当趣味が偏ってるということを
痛感しています。
これから沢山の音楽に触れ、勉強していきたいです。
たまに医学関連の記事や日々の雑感を書いております。
※当ブログはリンクフリーです。
コメント下さると励みになります。
下さったら嬉しいです。
※Twitterもやっております。
アカウント名はprivategrooveです。
https://twitter.com/privategroove
こちらでもおすすめの音楽など情報を流しております!
フォロー下さると嬉しいです。
可能な限りフォローバック、コメントしに参ります。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

総閲覧者数(ユニークアクセス)

アクセスカウンター(PV数, 2013/12/26より集計)

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

にほんブログ村 CDレビュー

にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村

Feedly(RSSリーダー)で「私的名盤紹介」を読む

RSSリーダーとは、Google, Feedlyなど複数あるアプリまたはサイトを用いて自身で登録したブログの更新を自動で確認し、さらにブログ記事をテキストと画像、リンクのみの軽い状態で見ることができるツールです。 管理人も便利ですので積極的に使っております。 Feedlyにはスマホ向けアプリもありますが、PCはブラウザで操作でき動作も軽いため使っております。

follow us in feedly

「私的名盤紹介」管理人Twitterをフォローする

私的名盤紹介トップページをはてなブックマークに登録する

「私的名盤紹介」トップページをはてなブックマークに追加

「私的名盤紹介」管理人によるはてなブックマークを見る

管理人が普段見ている音楽系サイトで、気になる記事について、日々 「はてなブックマーク」を使ってコメントを付け、まとめております。 当サイトであまり取り扱わない音楽ジャンルの記事、年間ベスト、評論など雑多に取り扱っています。フォロー頂けると嬉しいです。

私的名盤紹介はてなブックマーク

「私的名盤紹介」管理人Twitter

TweetsWind

にほんブログ村ランキング(CD Review)

もし記事を楽しんでいただけましたら、お手数ですが 下の「このブログに投票」のところをクリックしていただけると大変嬉しいです。 投票はランキングに反映されます。

RSSリンクの表示

Ninja Tools(アクセス解析)

検索フォーム

相互リンク 音楽系レビューサイト

このブログをリンクに追加する

現在の閲覧者数

現在の閲覧者数:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。