私的名盤紹介―真の雑食を目指して

自分の心に残った作品を紹介することで、新たな音楽を見つけるきっかけとして頂ければ嬉しいです。

私的名古屋拉麺名店10選

いつも私的名盤紹介をご覧になって下さっている皆様、お世話になっております。
管理人の@privategrooveです。
 
今回は異例の特集記事を組んでみました。
日本の大学生にとって、最も身近なソウルフードは何か?
それは…そうです、ラーメンです。

名古屋に住む大学生として、6年間様々なお店に通ってきました。
周囲にもラーメン専門家が非常に多く、これはいわゆるおたく族にラーメン専門家が多いことと矛盾しません。

社会人となり、運動もせず基礎代謝が落ちた状態では、ラーメンを食べることの罪悪感は図り知れないものがありますが、
その中毒性を帯びた魔力、魅力は代えがたいものがあります。

というわけで、僕の周囲の様々な友人、先輩後輩達から集まってきた情報を総合し、
自分の感性に従って、心に残る「私的名店」をセレクトしてみました。
「私的名古屋拉麺名店10選」をお届けしようと思います。

名古屋在住の方はもちろん、ライブなどで旅行に来られた方など、参考になさって下さい。
すべては素晴らしいお店を教えて貰った友人たちのお蔭です。有難いことです。
一部写真付きです。どうぞ。

好来道場(千種区吹上)
DSC_0501.jpg
「大竹」
好来系は名古屋発祥のご当地ラーメンとして長い歴史があります。
好来道場はその発祥の店であり、(正確には1959年に屋台で営業を始めた「好来」であり、
現在の場所に店舗を構えたのは1978年のことのようです)
現在では弟子、孫弟子の経営する店など名古屋各地に同系統の店があります。
→参照:http://raou.jp/keiretsu/kourai_frame.htm
鳥ガラと野菜の風味が強いスープは透明感が強く、柔らかい口当たりとすっきりとした味わいで、全部飲めてしまいます。
とても名古屋グルメとは思えないようなさっぱり具合で、自家製メンマの食感が最高です。
このメンマを食べたら、メンマと言う食材の概念が確実に変わると思います。
高麗人参酢と自家製辣油を加えることで味に変化を出して楽しむのもよいです。
名古屋に来るならば全ての方に食べて頂きたいと言える、名古屋の誇れる味覚の一つだと思います。
隠れた名店。

らーめん まぜそば てっぺん 名古屋本店(北区金城町)
DSC_0332.jpg
「まぜそば」
DSC_0569.jpg
「台湾まぜそば+角切りチャーシュー増し」

北区金城町、志賀本通と平安通の間ほどにあるまぜそばを中心とする店舗です。
台湾まぜそば、というと発祥の店といわれる高畑「はなび」が有名店ですが、
このてっぺんも忘れてはいけません。
はなびではベースのタレに胡麻の風味が強く、担々麺からの影響が感じられますが、
てっぺんの台湾まぜそばは醤油が前面にあり、キレのある味わいです。
通常のまぜそばはまろやかな味付けで、貝柱やエビのダシの味が重要な役割を果たしています。
麺はモチモチとした食感でタレと絡みやすく、海苔と絡み合うと香りが立って素晴らしいです。
トッピングで乗せられる(通常のまぜそばには最初から入っています)角切りチャーシューは、
脂身と肉のバランスが絶妙で、炙ってあり香ばしいです。
食べ終わったらどんぶりを上げて追い飯を頼みましょう。最高です。
駐車場も広く、23時まで年中無休で営業ですので、仕事終わりにも行けます。

真砂そば(中区東別院)
DSC_0360.jpg
「叉焼麺」
浄土真宗大谷派の本願寺別院=東別院の近辺、新堀川沿いにある高山ラーメンのお店です。
どこまでも黒いスープは溜まり醤油と煮干しの味が強く感じられ、柔らかく、縮れの強い麺と
絡み合う中華そばです。付け合わせに白菜の漬物が付いてきます。
チャーシューは薄切りで柔らかく、ほとんど油分のないスープと一緒に頂くと、非常にさっぱりと食べられます。
現地で食べた高山ラーメンをも凌駕するほどの、教科書的な中華そばを堪能できます。
平日昼しか営業してませんので注意です。

つけ麺 丸和 尾頭橋店(中川区尾頭橋)
DSC_0800.jpg
「丸和 全部乗せ」
DSC_0377.jpg
「台湾まぜそば 中盛り」
中川区春田に本店、名駅、各務ヶ原に店舗のあるつけ麺の専門店です。
尾頭橋店は金山総合駅からほど近く、アクセスも悪くありません。
店の前に3台ほど駐車スペースがあります。スープは石鍋に入っており、冷めにくくなっています。
つけ麺のスープを石鍋に入れるスタイルは、名古屋地区で丸和が初めて行った手法と言われています。
スープは大きく分けて、こってりしていて鰹節など魚介の味が強い「丸和」と、
酸味を感じさっぱりの「嘉六」があります。麺の噛み応えと喉越しの滑らかさが最高で、
他では味わえない、まさにつけ麺に最適の麺だと思います。
台湾まぜそばは、同様の麺を使いながらも割安で、細かく刻んだたまねぎの触感がアクセントになる人気メニューです。
嘉六をベースにしたかぼすつけ麺は、文字通りかぼすを絞ってさっぱりといただけます。
お昼は中盛(300g)と大盛(500g)が無料で増量可能、おなかの空いた学生にも最高です。接客も爽やかで手際が良いです。

昭和(天白区島田)
元々は屋台のラーメン店、「昭和高校ラーメン」の名前で営業していた店で、
その後は長年名古屋市立昭和高校の裏手に店舗を構えていました。
2代目となり、塩釜口の名城大学キャンパスの近辺に移動していましたが、
そこから天白区島田に再び店舗を構えています。
2000年代初頭には地方局TV番組でも数多く取り上げられ、歴史と人気のある店舗でしたが、
最近は様々な個性的なラーメン店が増加しているため、
こうしたシンプルな店が着目されづらくなっている傾向にある、と感じています。
幼いころ天白区在住だったこともあり、とても思い出のある醤油豚骨ラーメンです。
油分は少なめでさっぱりとした醤油豚骨スープに、加水率の低い細麺は少し堅めに茹でられています。
チャーシューは昔ながらの、赤身の多めな薄切りで、少し焦げ目がついていて香ばしいです。
九条ネギがトッピングされており、これがシンプルなスープ、麺の中でよいアクセントとなっています。
夜のみの営業ですが深夜24時まで営業しており、駐車場もあります。
新店舗になって以来行っていないのですが、また思い出を取り戻しに行きたいと思います。

麺家 喜多楽(中区上前津)
DSC_0356.jpg
「らぁ麺」
DSC_0357.jpg
「支那そば+ワンタン」
IMG_9607.jpg
「味噌らぁ麺」
地下鉄上前津駅と東別院駅の中間地点に位置する喜多方ラーメンの店舗です。
醤油ラーメン系の中では、名古屋市内でも屈指のおいしさと思います。
メインとなるラーメンは無化調をウリとし、鶏ガラのすっきりとした透明なスープが美しい「支那そば」と、
魚介醤油スープで複雑な味わいがありこってりとした「らぁ麺」があり、
冬季限定で食べられる「味噌らぁ麺」は鶏白湯のスープにこうじ味噌と思われる味噌を足した、
上品でかつ奥の深い味わいで、これも必食の1杯だと思います。
支那そばは中太麺で滑らかな舌触り、味噌らぁ麺は縮れ麺がどろりとしたスープに良く絡みます。
普段からよくリピートする大切な店です。

ラーメン大 伏見店(中区伏見)
DSC_0209.jpg
「ラーメン並盛+野菜マシ+カラメ」
東山線/鶴舞線伏見駅から徒歩2-3分で、オフィス街の中にある名古屋市内の次郎系ラーメンで
非常に人気のある店舗です。カウンター10席程度の狭い店で、昼の部、夜の部共に行列ができ、
会社員の方が多くにぎわっています。
東京葛飾区堀切、大田区蒲田に同名の次郎系ラーメンのチェーンがありますが、
この伏見のラーメン大と関連があるかどうかは不明です。
背脂の浮かんだキレのある濃い醤油スープに刻んだニンニクが浮かび、刺激的な味わいです。
無料トッピングのシステムで野菜を増やせば、茹でられたもやしが濃いスープに良く絡み、
シャキシャキとした食感が楽しめます。野菜を増やすならばスープは「カラメ」にすることをおすすめします。
麺は平打ちの太麺で少し柔らかく、ブツブツと切れる独特の食感が癖になります。
チャーシューは大の最大の魅力と言ってもよく、赤身の多いさっぱりとした味ながら、
決して硬くなく、歯を当てれば線維がほどけるように崩れ、これも濃厚なスープとのバランスが考えられています。
名古屋で次郎系を楽しみたいならばまずはここ、そして個性派ならば「ら・けいこ」に行きましょう。

一刻屋(昭和区鶴舞)
IMG_9617.jpg
「台湾まぜそば」
IMG_8541.jpg
「中華そば」
IMG_9668.jpg
「辛味噌そば」
名古屋大学の鶴舞キャンパス(医学部医学科, 母校)、または「Pockemon Go」の聖地としても知られる
「鶴舞公園」の位置する鶴舞線、鶴舞駅の高架下にある中華そば、味噌そば、まぜそばのお店です。
名古屋大学、名古屋工業大学の徒歩圏内に位置することもあり、両校の学生であれば確実に通ったことのある
お店なのではないでしょうか。私にとってもまた、とても思い出のあるお店です。
学生としては、常に大盛が無料となる「まぜそば」「ピリ辛まぜそば」「台湾まぜそば」が非常に魅力的です。
まぜそばに用いられる麺は艶のある平打ちの中太麺で、滑らかな食感は丸和のそれに近いものがあります。
まぜそば、では細切れで薄いチャーシューと、サイコロ状になったメンマ、白ネギと「天かす」を
卵黄を壊して混ぜ合わせ、醤油ダレで一気に食べます。魚粉がしっかりと載っており、
その香りを感じながら滑らかな麺を滑り込ませて楽しみます。
まぜそばベースで少し辛いピリ辛まぜそば、味のしっかりついたひき肉とニラを具の中心に据えた甘辛な台湾まぜそばの
バリエーションも嬉しいです。
無化調をウリにする中華そばはかすかに酸味を感じ、鰹ダシの香りが強い透明で黒いスープ、黒胡椒の辛みが効いています。
こちらも麺は艶のある滑らかな食感が特徴的な麺です。
濃厚味噌そばは、唐辛子でほのかに赤く染まったスープに、シャキシャキしたもやしがよく合います。
チャーシューは薄切りであり、崩れやすいのでスープと共に楽しむと一体となって素晴らしい。
駅から近いこともあり、昼間は行列が出来ているため早めの来店をお勧めします。思い出の味。


宝来軒(南区柴田町)
IMG_8741.jpg
IMG_8740.jpg
大学の病院実習にて大同病院に通っていていた際、偶然発見したのがこのとんこつラーメンのお店でした。
大学病院での実習は、同級生の仲間とともに日々実習に励むため、楽しく出来ていたのですが、
大学の外に出てしまえば孤独な実習です。昼休みの時間、病院から抜け出して見つけたこのお店の味には助けられました。
本店は大分県中津市日ノ出町にある同名のお店で、今まで知らなかったのですが、大分は豚骨ラーメンのお店が非常に多いとのことです。
スープは非常にすっきりとしていて、透明感があり下の麺が多少透けるほどです。
同様に、宝来軒で修行を積んだ弟子のお店が、熱田区熱田神宮から国道19号を北上した地点にあった「もりひろ」でしたが、現在は閉店してしまったようです。
味としては豚骨特有の香り(私は大好きです)はそれほど強すぎず、さっぱりとした口当たりでありながら、ダシのうま味が強いスープでした。
今まで名古屋で食べた中で、博多長浜の屋台で食べるラーメンのスープに最も近い、伝統的な味だと感じました。
麺は細麺で、かために茹でられた教科書的な麺であり、胡麻の香り漂う中、一気に吸い込んで食べていきます。
昼はラーメン700円であり、セットで炒飯または焼き餃子を付けられる値段設定も素晴らしく、
このセットで付いてくる炒飯の美味しさがまた素晴らしいです。
ラードをしっかりと使い滑らかな舌触りで、一緒に入っている細切れのチャーシューは噛むほどに味が出てくる、
シンプルながらかなり美味しい一皿です。
都心から少し離れているのが難点ですが、名古屋で本格的なとんこつラーメンを楽しめる、貴重な、渋い良店だと思います。

からみそラーメン ふくろう(北区上飯田)
DSC_0663.jpg
地下鉄名城線の平安通駅から1区間のみある上飯田線の終着駅、上飯田駅(名古屋鉄道小牧線と接続しています)の
周辺に位置する辛味噌ラーメンのお店です。「辛味噌ラーメン」は山形県のご当地ラーメンであり、
店長さんは元々山形県にて和食の板前さんとして働かれていた方のようです。
中央に配された辛味噌(これがかなり辛いです、そしてうま味たっぷり)を、色合いに比してすっきりとして
ダシの味わいが濃いスープに溶かしながら食べていきます。
スープの上から振りかけられた青海苔がトップノートとして香ってくることでさっぱりと食べられます。
麺は太く縮れており、もっちりとした食感が非常に特徴的です。
チャーシューは滑らかな舌触りで脂身のバランスがよく、スープにコクを与えてくれます。
昼の部、夜の部と営業していますが、手狭な店であることもあり、営業開始より行列が出来ています。
18時過ぎにスープが切れることもあり、早めの来店をおすすめします。

皆様にメロウな「ラーメン生活」がありますように。
関連記事
スポンサーサイト

この記事をはてなブックマークに追加

  1. 2017/07/17(月) 21:53:49|
  2. 雑記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<私的名盤放送第5回 「デュエット・バラードの夜/AOR特集」セットリスト | ホーム | 【祝】私的名盤紹介総閲覧者数6万人突破>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://grooveisalliwant.blog.fc2.com/tb.php/478-91266262
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Systematic Chaos

Author:Systematic Chaos
独断と偏見により、お気に入りのCDを紹介して行きます。
医学部医学科の大学生として臨床医となるべく勉強していました。(2011/04-2017/03)
無事医師免許取得し、2017年より研修医一年目として社会人生活が始まりました。
新しいことばかりでストレスも多いですが、相変わらず様々な音楽に触れております。
山下達郎ファンクラブ
TATSURO MANIA会員。
水樹奈々ファンクラブ
S.C. Nana Net 会員。
上坂すみれファンクラブ
コルホーズの玉ねぎ畑 会員。
自分にとって魅力的な音楽を、様々な視点で、
新旧洋邦を問わず掘り下げて参ります。
初心者ですが宜しくお願いします。
好きなジャンル:
1. AOR, MOR, ソフトロック
2. R&B,ファンク, モータウン,
ニュージャックスウィング,
フィラデルフィアソウル, シカゴソウル,
ブルーアイドソウル
3. ポップス、Jポップ
渋谷系、ニューミュージック
4. プログレッシブロック
5. ハードロック, へヴィメタル,
プログレッシブメタル, スラッシュメタル,
メロディックデスメタル,ブラックメタル
6. ジャズ,フュージョン,
ハードフュージョン, アシッドジャズ,
ハード・バップ, ジャズファンク,
ジャズロック
7. ジャジーヒップホップ,
オルタナティブヒップホップ
8. エモ, スクリーモ
9. ハウス, アシッドハウス,ディスコ

ライブラリは65,000曲ほどです。
ヘッドフォンはAKGのQ701、Audio TechnicaのATH-ESW9、
イヤフォンはShure-SE425を使っています。
iPod ClassicにTEAC-HAp50またはATH-PHA31i(ポータブルヘッドフォンアンプ)を挿して聴いています。
ブログとして記事を書くことを通じて
自分のライブラリと向き合ってみると、
相当趣味が偏ってるということを
痛感しています。
これから沢山の音楽に触れ、勉強していきたいです。
たまに医学関連の記事や日々の雑感を書いております。
※当ブログはリンクフリーです。
コメント下さると励みになります。
下さったら嬉しいです。
※Twitterもやっております。
アカウント名はprivategrooveです。
https://twitter.com/privategroove
こちらでもおすすめの音楽など情報を流しております!
フォロー下さると嬉しいです。
可能な限りフォローバック、コメントしに参ります。
※放送企画として「私的名盤放送」というラジオを配信しております。
ツイートキャスティングホームページをご覧下さい。不定期に配信、Twitterにて情報を呟いております。ハッシュタグは「#私的名盤放送」です。宜しくお願い致します。
http://twitcasting.tv/privategroove

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

総閲覧者数(ユニークアクセス)

アクセスカウンター(PV数, 2013/12/26より集計)

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

にほんブログ村 CDレビュー

にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村

Feedly(RSSリーダー)で「私的名盤紹介」を読む

RSSリーダーとは、Google, Feedlyなど複数あるアプリまたはサイトを用いて自身で登録したブログの更新を自動で確認し、さらにブログ記事をテキストと画像、リンクのみの軽い状態で見ることができるツールです。 管理人も便利ですので積極的に使っております。 Feedlyにはスマホ向けアプリもありますが、PCはブラウザで操作でき動作も軽いため使っております。

follow us in feedly

「私的名盤紹介」管理人Twitterをフォローする

私的名盤紹介トップページをはてなブックマークに登録する

「私的名盤紹介」トップページをはてなブックマークに追加

「私的名盤紹介」管理人によるはてなブックマークを見る

管理人が普段見ている音楽系サイトで、気になる記事について、日々 「はてなブックマーク」を使ってコメントを付け、まとめております。 当サイトであまり取り扱わない音楽ジャンルの記事、年間ベスト、評論など雑多に取り扱っています。フォロー頂けると嬉しいです。

私的名盤紹介はてなブックマーク

「私的名盤紹介」管理人Twitter

TweetsWind

にほんブログ村ランキング(CD Review)

もし記事を楽しんでいただけましたら、お手数ですが 下の「このブログに投票」のところをクリックしていただけると大変嬉しいです。 投票はランキングに反映されます。

RSSリンクの表示

Ninja Tools(アクセス解析)

検索フォーム

相互リンク 音楽系レビューサイト

このブログをリンクに追加する

現在の閲覧者数

現在の閲覧者数: