私的名盤紹介―真の雑食を目指して

自分の心に残った作品を紹介することで、新たな音楽を見つけるきっかけとして頂ければ嬉しいです。

私的名盤放送第36回「女性声優ポップス特集/アニメソング特集」セットリスト

私的名盤放送第36回「女性声優ポップス特集/アニメソング特集」セットリスト

MOLDIV (3)

MOLDIV (2)

「放送アーカイブはこちらから」

M1 星間飛行 /ランカ・リー(CV中島愛) 『星間飛行』 (2008)
M2 My Jolly Days /奥井雅美 『Gyuu』 (1995)
M3 Shoo-Bee-Doo-Wap-Wap! /水瀬いのり 『BLUE COMPASS』 (2018)
M4 海辺で逢いましょう /小松未可子 『Personal Terminal』 (2018)
M5 ミス・ブランニュー・デイ (MISS BRAND-NEW DAY) [Live] /サザンオールスターズ 『メロディ』 (1985)
M6 ドラマチックマーケットライド /北白川たまこ(CV洲崎綾) 『ドラマチックマーケットライド』 (2013)
M7 Summer Vacation /sumika 『Familia』 (2017)
M8 笑顔になる /リョウときりん (佐藤利奈と大亀あすか) 『笑顔になる』 (2015)
M9 Break In To Break Out /Persona 5 the Animation 『Persona 5 the Animation OST』 (2018)
M10 Let's Pop Together /ポプ子(CV:牧野由依)&ピピ美(CV:渡部優衣) 『POP TEAM EPIC ALL TIME BEST』 (2018)
M11 琥珀色の街、上海蟹の朝 /くるり 『琥珀色の街、上海蟹の朝』 (2016)
M12 (Can't) Get You Out Of My System /John White 『Night People』 (1987)
M13 You're The One /Ronnie Foster 『Delight』 (1979)
M14 ノーフューチャーバカンス /上坂すみれ 『ノ―フューチャーバカンス』 (2018)

【放送後記】
私的名盤放送でブラックミュージックとほぼ同じくらいの頻度で取り上げてきたJPOPですが、
今回は、今や無数のアーティストやプロデューサー、シンガーがひしめく「アニメソング」、特に「女性声優」の
歌う楽曲を中心に取り上げた、普段とは毛色の異なる内容になっています。

ブラックミュージック、R&Bがプロデューサーズミュージックであり、プロデューサーごとの色が個々のアーティストに
共通してみられる点はしばしばお話していることですが、これはアニメソング界においても近いことが言えると思います。
Wake Up Girlsやアイカツ!、涼宮ハルヒなどで知られる、田中秀和、神前暁を中心とするMONACA,
水樹奈々、奥井雅美のプロデュースを務めた矢吹敏郎や大平勉、これにポルノグラフィティや
いきものがかりのプロデュースを務めた本間昭光を加えた3人組、Vynk,
そしてコアなファンを数多く生んだ「戦姫絶唱シンフォギア」や「うたのプリンスさまっ」の
楽曲プロデュースで知られる上松範康を中心としたElements Gardenなど、
90sから10sに至るまで、アニメソング界には優れたプロデューサーが数多く活躍しています。
また、そうしたアニメソング、声優ソングの楽曲は全体として「古き良き」JPOPの形式を守ったものが多く、
90秒サイズで視聴者を釘付けにするためのありとあらゆる工夫が施されています。
はっぴいえんどのメンバーであり、80sより無数のアイドル楽曲を手掛け、後期山下達郎の作詞でも活躍した
松本隆、アニメソング界において最も緻密なストリングスアレンジと巧みで意表を突く構成の楽曲で知られる菅野よう子が
タッグを組んだ「星間飛行」は、そうしたアニメソングの素晴らしさが一曲に凝縮された宝石の様な一曲です。

アニメソングを手掛ける「プロデューサー」と対になるのが、スタジオミュージシャンです。
ボカロPとしてプログレッシブロック~フュージョンからの影響を強く感じさせる楽曲を作り出していたsasakure UKを
中心とするバンドプロジェクト、「有形ランペイジ」からは、多くのアニメソングでベースライン支える二家本亮介や、
邦楽フュージョン最高の演奏技術を誇るTRIXのギタリストとして活躍する佐々木秀尚などを輩出し、
現在の邦楽アニメソングのクオリティを根底から支えています。

漫画界、テレビアニメ界に一石を投じた問題作、「POP TEAM EPIC」は、作者自身が持つアニメーションやテレビゲームの
膨大な知識、社会風刺に至るまでを縦横無尽に組み合わせ、独自の作品として昇華する、
いわば「ヒップホップ的」な構造をもつ作品であったといえます。そうしたPOP~が、その「参照元=クラシックス」として
「ダンスクラシックス」のLet's Groove/Earth, Wind & Fireを元ネタとした楽曲、PVを放映してしまうあたり、
筆者の大川氏、そして上坂すみれのプロデューサーの須藤孝太郎は、自身のアニメ作品のスタンスに対して
自覚的であったのだろうと思います。

こうした「ヒップホップ的」指向のアニメソングの考え方は、JPOPにおいて渋谷系にその源流を見ることが出来ます。
現在、ネオ渋谷系、アニメソングの歌姫として活躍する花澤香菜を支えるプロデューサーの北川勝利は、
かつてROUND TABLEというユニットで甘酸っぱいインディーポップを演奏しており、
これはさらに遡れば、かつて70sにSugar Babeがやろうとしていた「Major 7thの日本語ロック」の姿と重なります。
のちに「アキシブ系」と言われることとなるこのムーブメントは、北川勝利や宮川弾、前述の田中秀和、ヒャダイン、
Cymbalsの沖井礼二、矢野博康(牧野由依などで知られる)などが上がり、
現在に至るまでAOR/フュージョン~ファンク~ブラジリアン~スウェディッシュポップス、フレンチポップスなどを
行き来しながら、かつ常に良質なJPOPとしての質を担保した、優れた作品を残しています。

広大なアニメソングの地平を見渡し、一瞬にして心奪われる楽曲を取り上げた1時間です。おたのしみください。

前編

後編


関連記事
スポンサーサイト

この記事をはてなブックマークに追加

  1. 2018/08/30(木) 13:44:10|
  2. 私的名盤放送セットリスト
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<私的名盤放送第37回「ディスコ、ネオブギー、邦楽シティポップで棚から一掴み」セットリスト | ホーム | 私的名盤放送第35回「10sJPOP・アニメソング特集/KR&B, ブラコンとディスコで棚から一掴み」セットリスト>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://grooveisalliwant.blog.fc2.com/tb.php/517-9c3d5574
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Systematic Chaos

Author:Systematic Chaos
独断と偏見により、お気に入りのCDを紹介して行きます。
医学部医学科の大学生として臨床医となるべく勉強していました。(2011/04-2017/03)
無事医師免許取得し、2017年より研修医一年目として社会人生活が始まりました。
新しいことばかりでストレスも多いですが、相変わらず様々な音楽に触れております。
山下達郎ファンクラブ
TATSURO MANIA会員。
水樹奈々ファンクラブ
S.C. Nana Net 会員。
上坂すみれファンクラブ
コルホーズの玉ねぎ畑 会員。
自分にとって魅力的な音楽を、様々な視点で、
新旧洋邦を問わず掘り下げて参ります。
初心者ですが宜しくお願いします。
好きなジャンル:
1. AOR, MOR, ソフトロック
2. R&B,ファンク, モータウン,
ニュージャックスウィング,
フィラデルフィアソウル, シカゴソウル,
ブルーアイドソウル
3. ポップス、Jポップ
渋谷系、ニューミュージック
4. プログレッシブロック
5. ハードロック, へヴィメタル,
プログレッシブメタル, スラッシュメタル,
メロディックデスメタル,ブラックメタル
6. ジャズ,フュージョン,
ハードフュージョン, アシッドジャズ,
ハード・バップ, ジャズファンク,
ジャズロック
7. ジャジーヒップホップ,
オルタナティブヒップホップ
8. エモ, スクリーモ
9. ハウス, アシッドハウス,ディスコ

ライブラリは65,000曲ほどです。
ヘッドフォンはAKGのQ701、Audio TechnicaのATH-ESW9、
イヤフォンはShure-SE425を使っています。
①DENON PMA-50 + Zensor1 (USB-DACプリメインアンプ+スピーカー)
②iPod Classic+TEAC-HAp50(ヘッドフォンアンプ)
③ONKYO DP-X1A のいずれかで聴いています。
ブログとして記事を書くことを通じて
自分のライブラリと向き合ってみると、
相当趣味が偏ってるということを
痛感しています。
これから沢山の音楽に触れ、勉強していきたいです。
たまに医学関連の記事や日々の雑感を書いております。
※当ブログはリンクフリーです。
コメント下さると励みになります。
下さったら嬉しいです。
※Twitterもやっております。
アカウント名はprivategrooveです。
https://twitter.com/privategroove
こちらでもおすすめの音楽など情報を流しております!
フォロー下さると嬉しいです。
可能な限りフォローバック、コメントしに参ります。
※放送企画として「私的名盤放送」というラジオを配信しております。
ツイートキャスティングホームページをご覧下さい。不定期に配信、Twitterにて情報を呟いております。ハッシュタグは「#私的名盤放送」です。宜しくお願い致します。
http://twitcasting.tv/privategroove

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

総閲覧者数(ユニークアクセス)

アクセスカウンター(PV数, 2013/12/26より集計)

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

にほんブログ村 CDレビュー

にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村

Feedly(RSSリーダー)で「私的名盤紹介」を読む

RSSリーダーとは、Google, Feedlyなど複数あるアプリまたはサイトを用いて自身で登録したブログの更新を自動で確認し、さらにブログ記事をテキストと画像、リンクのみの軽い状態で見ることができるツールです。 管理人も便利ですので積極的に使っております。 Feedlyにはスマホ向けアプリもありますが、PCはブラウザで操作でき動作も軽いため使っております。

follow us in feedly

「私的名盤紹介」管理人Twitterをフォローする

私的名盤紹介トップページをはてなブックマークに登録する

「私的名盤紹介」トップページをはてなブックマークに追加

「私的名盤紹介」管理人によるはてなブックマークを見る

管理人が普段見ている音楽系サイトで、気になる記事について、日々 「はてなブックマーク」を使ってコメントを付け、まとめております。 当サイトであまり取り扱わない音楽ジャンルの記事、年間ベスト、評論など雑多に取り扱っています。フォロー頂けると嬉しいです。

私的名盤紹介はてなブックマーク

にほんブログ村ランキング(CD Review)

もし記事を楽しんでいただけましたら、お手数ですが 下の「このブログに投票」のところをクリックしていただけると大変嬉しいです。 投票はランキングに反映されます。

RSSリンクの表示

Ninja Tools(アクセス解析)

検索フォーム

相互リンク 音楽系レビューサイト

このブログをリンクに追加する

現在の閲覧者数

現在の閲覧者数: