私的名盤紹介―真の雑食を目指して

自分の心に残った作品を紹介することで、新たな音楽を見つけるきっかけとして頂ければ嬉しいです。

私的名盤放送第46回「アーバンブギー、ダンスクラシックス特集」セットリスト

私的名盤放送第46回「アーバンブギー、ダンスクラシックス特集」セットリスト

MOLDIV.jpg

MOLDIV(1).jpg
「放送アーカイブはこちらから」

M1 VOICE /Nulbarich 『Blank Envelope』 (2019)
M2 LOVE IS EASY /尾崎亜美 『Hot Baby』 (1981)
M3 Don't Be Fooled /Night Plane 『Night Plane』 (1982)
M4 ききわけのないcool /永田真代 『Just Me』 (1990)
M5 Love You Anyway /Cameo 『She's Strange』 (1984)
M6 Somedays /吉沢梨絵 『Juicy』 (2000)
M7 Just One Step /Steven Sterling 『One Magic Night』 (1982)
M8 All The Way With You /Peggi Blu feat.Bert Robinson 『Blu Blowin'』 (1987)
M9 If You Wanna /J. LAMOTTA すずめ 『Suzume』 (2019)
M10 City of The 2nd Chance /Jango 『Dreamtown』 (1999)
M11 Come Back /Benny Hester 『Nobody Knows Me Like You』 (1981)
M12 Show Me /Glenn Jones 『Finesse』 (1984)
M13 この軽い感じが… /今井裕 『A Cool Evening』 (1977)
M14 On The Edge /Walter Beasley 『Walter Beasley』 (1987)
M15 My Love For You Keeps Growing /Gemini 『Rising』 (1981)
M16 'Cause You Know /Glen Goto and Friends 『We Go to Hilo』 (2011)
M17 Rescue Me /Taste of Honey 『Twice as Sweet』 (1981)
M18 カモフラージュ[Live] /竹内まりや 『Souvenir〜Mariya Takeuchi Live』 (2000)


【放送後記】
またしても1か月以上間が空いてしまい申し訳ありません。
医師3年目が始まって初期研修が終わり、まだ自分の職務に慣れていないことも多く苦労しております。
そのほか、私生活でも大変なことが続いており、放送の機会がなかなか得られませんでした。

しかしながら、音楽はいつでも自分を癒してくれ、また傍に居てくれました。有難いことです。
先日竹内まりやさんのシネマコンサートを観に行きましたが、カモフラージュが忘れられず、最後に選びました。

北川景子さんの出演する腕時計のCMでも注目されたNulbarichの新曲、VOICEは最近のはやりの
フューチャーソウル的な音遣いのイントロから、80sソウル感満載のサビ、ファルセットの巧みな歌唱が素晴らしい。

David Fosterプロデュースによる尾崎亜美の81年作はJeff PorcaroはじめTOTOメンバーが参加しています。
サンバキックの入ったリズムパターンと徹底的に刻み込まれるハイハットが堪りません。

ウェストコーストロックではGreg HaydenとJim Dykannのデュオ、Night Planeによる82年作を選びました。
これもTOTOのSteve Lukatherが全編参加しており、彼のファンにも楽しめる一枚です。
Don't Be Fooledはこうしたウェストコースト系の中でもとりわけタイトなリズムセクションが曲を引き締めています。

JPOPではファンハウスからアルバムを出しているガールポップ系シンガーの永田真代の90年作を。
小林武史プロデュースによる一枚で、アレンジはSMAPの初期を手掛けたChokkakuが担当していることもあり、
ファンキーな仕上がりです。

女優でもあり、Avexから97年にデビューしたシンガー、吉沢梨絵の00年作は、Jay Graydon, Tom Kean,
Bill Champlin, Michael Landau, SEAWIND hornsなどAOR好きなら思わずうなってしまうメンバーが参加しています。
ただし、内容としては当時の邦楽R&Bやアシッドジャズを思わせるタイトでスピード感のあるサウンドで、
これをLAのスタジオミュージシャンが演奏するとこんな感じになるのかと驚かされます。
当時のAvexの資金力に驚かされます。初期は角松敏生のプロデュースで何枚かシングルを出しており、
これも入手しようと思っております。

かつては大所帯で活動していた74年結成のファンクバンド、Cameoは、人数を徐々に減らして
ブラックコンテンポラリー(BCM)へ対応していきます。特にその中でもこの84年作のLove You Anywayは
メロウグルーブの傑作のひとつです。後半のインストには70sファンクのゴリゴリしたテイストが残っていて最高。

詳細不明の2人組BCMグループ、Steven Sterling(兄弟2人グループ)の82年作もメロウグルーブが満載の名盤で、
これはカブキラウンジで行われた何らかのイベントで聴いた曲だと記憶しています。

BCMにもいろいろな形がありますが、Whitney Houston & Jermaine Jackson/Take Good Care of My Heartや
Pebbles & Babyface/Love Makes Things Happenに代表されるようなデュエットのバラードも見逃せません。
その中でも、Peggi BluとBert Robinsonのデュエット、All The Way With Youを選びました。心が暖かくなります。

最近BCMに再度注目が集まっていることもあり、クワイエットウェイブのジャンル名がTower Records主導で
提案されています。Anderson Paakの新曲にSmokey Robinsonがフィーチャーされたり、
そして今回お掛けしたJ Lamotta suzumeの楽曲はSmokey Robinson/Quiet Stormの
ベースラインを参照して作られているようです。

その他、Steely DanフォロワーからはLA出身のスタジオミュージシャンが集まって結成したJangoは、
90年代のDonald Fagenのソロアルバムを彷彿させる音作りです。少しウェストコースト色が強く、切ない一曲。
詳細不明のユニット、Glen Goto & Friendsは日系人によるユニットなのでしょうか、80sソウル色強い一曲です。
スムースジャズからはバークレー出身のサックス奏者、Walter BeasleyのソロでKenny Gによる楽曲や、
サディスティックミカバンドに所属していた鍵盤奏者、今井裕の日本人から見たトロピカル・サウンドが描かれた77年作も。

AOR側から見たBCMと、ソウル側から見たそれとの違いは、Glenn JonesやFreddie Jacksonのような
ソロシンガーの打ち込みビートが主体のアルバムを受け入れられるかどうかによって変わってくるかと思います。
より生演奏に寄るとGarry GlennやAnita Bakerの楽曲のようになるでしょうか。
とにもかくにもGlenn Jonesのボーカルは圧倒的な声量と太い低域、セクシーな歌いまわしと合わせて、
当時のソロシンガーの中でもトップクラスの表現力を持った人だったと思います。
その中から、Kashifとの数多くの共作でも知られる女性プロデューサー、LA LAが手掛けた名曲、Show Meです。
そのほか84年作のFinesseはLeon Sylvers Ⅲ(SOLARレーベルの中心人物)など重要なプロデューサーが多く参加しています。

そのほか、メロウグルーブではLAで結成されたファンクバンド、Taste of Honeyの80年作(George Dukeプロデュース)から
DJ定番のダンスクラシックス、Rescue Meと、これもまた詳細不明な2人組、Geminiの81年作から
スリリングで同時期のEWFを思わせるようなMy Love For You Keeps Growingもどうぞ。

Geminiの81年作は鈴木啓志さんの名著、USブラックディスクガイドに掲載されており、
BCMの視点だけでなく、AOR側から見てもグルーヴィーで凝った展開の曲が多く、
バナナレコード名駅店で3000円代と高かったですが、特におすすめの一枚でした。

どんなに悲しい時や辛い時でも、音楽を聴くと元気が出てきて、本来の自分を取り戻せています。
本当にありがたいことですし、これからも良い音楽を紹介し続けられるように努力していきます。
皆様に素晴らしい音楽との出会いがありますように、おやすみなさい。

前編

中編

後編



関連記事

この記事をはてなブックマークに追加

  1. 2019/04/07(日) 01:45:15|
  2. 私的名盤放送セットリスト
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<私的名盤放送第47回「ニュージャックスウィングの遺伝子~NJSとアイドルソング」セットリスト | ホーム | 私的名盤放送第45回「現代R&Bにつながるクワイエットストーム、ファンク、ディスコ特集」セットリスト>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://grooveisalliwant.blog.fc2.com/tb.php/533-abaa3ea2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Systematic Chaos

Author:Systematic Chaos
独断と偏見により、お気に入りのCDを紹介して行きます。
医学部医学科の大学生として臨床医となるべく勉強していました。(2011/04-2017/03)
無事医師免許取得し、2017年より研修医一年目として社会人生活が始まりました。
新しいことばかりでストレスも多いですが、相変わらず様々な音楽に触れております。
山下達郎ファンクラブ
TATSURO MANIA会員。
水樹奈々ファンクラブ
S.C. Nana Net 会員。
上坂すみれファンクラブ
コルホーズの玉ねぎ畑 会員。
自分にとって魅力的な音楽を、様々な視点で、
新旧洋邦を問わず掘り下げて参ります。
初心者ですが宜しくお願いします。
好きなジャンル:
1. AOR, MOR, ソフトロック
2. R&B,ファンク, モータウン,
ニュージャックスウィング,
フィラデルフィアソウル, シカゴソウル,
ブルーアイドソウル
3. ポップス、Jポップ
渋谷系、ニューミュージック
4. プログレッシブロック
5. ハードロック, へヴィメタル,
プログレッシブメタル, スラッシュメタル,
メロディックデスメタル,ブラックメタル
6. ジャズ,フュージョン,
ハードフュージョン, アシッドジャズ,
ハード・バップ, ジャズファンク,
ジャズロック
7. ジャジーヒップホップ,
オルタナティブヒップホップ
8. エモ, スクリーモ
9. ハウス, アシッドハウス,ディスコ

ライブラリは65,000曲ほどです。
ヘッドフォンはAKGのQ701、Audio TechnicaのATH-ESW9、
イヤフォンはShure-SE425を使っています。
①DENON PMA-50 + Zensor1 (USB-DACプリメインアンプ+スピーカー)
②iPod Classic+TEAC-HAp50(ヘッドフォンアンプ)
③ONKYO DP-X1A のいずれかで聴いています。
ブログとして記事を書くことを通じて
自分のライブラリと向き合ってみると、
相当趣味が偏ってるということを
痛感しています。
これから沢山の音楽に触れ、勉強していきたいです。
たまに医学関連の記事や日々の雑感を書いております。
※当ブログはリンクフリーです。
コメント下さると励みになります。
下さったら嬉しいです。
※Twitterもやっております。
アカウント名はprivategrooveです。
https://twitter.com/privategroove
こちらでもおすすめの音楽など情報を流しております!
フォロー下さると嬉しいです。
可能な限りフォローバック、コメントしに参ります。
※放送企画として「私的名盤放送」というラジオを配信しております。
ツイートキャスティングホームページをご覧下さい。不定期に配信、Twitterにて情報を呟いております。ハッシュタグは「#私的名盤放送」です。宜しくお願い致します。
http://twitcasting.tv/privategroove

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

総閲覧者数(ユニークアクセス)

アクセスカウンター(PV数, 2013/12/26より集計)

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

にほんブログ村 CDレビュー

にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村

「私的名盤紹介」管理人Twitterをフォローする

私的名盤紹介トップページをはてなブックマークに登録する

「私的名盤紹介」トップページをはてなブックマークに追加

「私的名盤紹介」管理人によるはてなブックマークを見る

管理人が普段見ている音楽系サイトで、気になる記事について、日々 「はてなブックマーク」を使ってコメントを付け、まとめております。 当サイトであまり取り扱わない音楽ジャンルの記事、年間ベスト、評論など雑多に取り扱っています。フォロー頂けると嬉しいです。

私的名盤紹介はてなブックマーク

「私的名盤紹介」管理人Twitter

にほんブログ村ランキング(CD Review)

もし記事を楽しんでいただけましたら、お手数ですが 下の「このブログに投票」のところをクリックしていただけると大変嬉しいです。 投票はランキングに反映されます。

RSSリンクの表示

Ninja Tools(アクセス解析)

検索フォーム

相互リンク 音楽系レビューサイト

このブログをリンクに追加する

現在の閲覧者数

現在の閲覧者数: