私的名盤紹介―真の雑食を目指して

自分の心に残った作品を紹介することで、新たな音楽を見つけるきっかけとして頂ければ嬉しいです。

今日の一枚(68)

Album: Aja
Artist: Steely Dan
Genres: AOR, Soft Rock, Fusion
Deacon Blues, Peg

aja.jpg


知る人ぞ知るAORの大家。1972年結成。本作は1977年作、US#3。
いつも思うのですが、ある音楽をAORであると評するには、高い「ハードル」があると思います。
都会的に洗練された、上質なロック(すなわち洗練された演奏とジャズを匂わせるコード感、それに加えて
ハイファイな音抜けの良いレコーディングとアレンジ)でなければ、AORとは呼べないからです。
一流のスタジオ・ミュージシャン(ラリー・カールトン、リー・リトナー、スティーヴ・ガット、
チャック・ベイリーetc)にエンジニア、プロデューサーを揃えて生み出された本作は、
正に「最高品質」のアーバン・ミュージックに仕上がっています。
キャッチ―な聴きやすさの中に、複雑なアンサンブルを生み出してゆくセッションとしての緊張感や
ところどころにジャズやブルース、50sのR&Bを感じるグルーブが構成されていて、
何度聴いても飽きることがありません。
ラリー・カールトン(G)のES-335から生み出されるメロウなトーンと伸びやかなボーカル
を堪能できる#3Deacon Blues、チャック・ベイリー(B)のファンキーなスラップがうねるリズムを
生み出す#4Pegがお気に入りです。コーラスの入れ方も個性的で素晴らしいです。
(Donald Fagenのソロ作でもこの美しいコーラス・ワークを聴くことができますが)
音質の良さも、特筆すべきものがあります。長きにわたってオーディオ・マニアのリファレンスとして
このアルバムが用いられている、というのは有名な話です。
ブルース/ロックンロールからのアプローチとして、最も洗練されたフュージョン・ロックの傑作
だと思います。(これとGauchoとで迷いますが(笑))
70sに生まれたSteely Danの作品群は、これからも永遠にAORのバイブルとして、
クロスオーバー・ミュージックのフラッグ・シップであり続けることでしょう。

Deacon Blues

Peg
スポンサーサイト

この記事をはてなブックマークに追加

  1. 2013/01/20(日) 00:59:51|
  2. Steely Dan
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<しばらく更新遅くなります | ホーム | 今日の一枚(67)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://grooveisalliwant.blog.fc2.com/tb.php/73-07fd2571
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Author:Systematic Chaos
独断と偏見により、お気に入りのCDを紹介して行きます。
医学部医学科の大学生として臨床医となるべく勉強しています。
山下達郎ファンクラブ
TATSURO MANIA会員。
水樹奈々ファンクラブ
S.C. Nana Net 会員。
上坂すみれファンクラブ
コルホーズの玉ねぎ畑 会員。
初心者ですが宜しくお願いします。
好きなジャンル:
1. AOR, MOR, ソフトロック
2. R&B,ファンク, モータウン,
ニュージャックスウィング,
フィラデルフィアソウル, シカゴソウル,
ブルーアイドソウル
3. ポップス、Jポップ
渋谷系、ニューミュージック
4. プログレッシブロック
5. ハードロック, へヴィメタル,
プログレッシブメタル, スラッシュメタル,
メロディックデスメタル,ブラックメタル
6. ジャズ,フュージョン,
ハードフュージョン, アシッドジャズ,
ハード・バップ, ジャズファンク,
ジャズロック
7. ジャジーヒップホップ,
オルタナティブヒップホップ
8. エモ, スクリーモ
9. ハウス, アシッドハウス,ディスコ

ライブラリは50,000曲ほどです。
ヘッドフォンはAKGのQ701、Audio TechnicaのATH-ESW9、
イヤフォンはShure-SE425を使っています。
iPod ClassicにTEAC-HAp50またはATH-PHA31i(ポータブルヘッドフォンアンプ)を挿して聴いています。
ブログとして記事を書くことを通じて
自分のライブラリと向き合ってみると、
相当趣味が偏ってるということを
痛感しています。
これから沢山の音楽に触れ、勉強していきたいです。
たまに医学関連の記事や日々の雑感を書いております。
※当ブログはリンクフリーです。
コメント下さると励みになります。
下さったら嬉しいです。
※Twitterもやっております。
アカウント名はprivategrooveです。
https://twitter.com/privategroove
こちらでもおすすめの音楽など情報を流しております!
フォロー下さると嬉しいです。
可能な限りフォローバック、コメントしに参ります。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

総閲覧者数(ユニークアクセス)

アクセスカウンター(PV数, 2013/12/26より集計)

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

にほんブログ村 CDレビュー

にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村

Feedly(RSSリーダー)で「私的名盤紹介」を読む

RSSリーダーとは、Google, Feedlyなど複数あるアプリまたはサイトを用いて自身で登録したブログの更新を自動で確認し、さらにブログ記事をテキストと画像、リンクのみの軽い状態で見ることができるツールです。 管理人も便利ですので積極的に使っております。 Feedlyにはスマホ向けアプリもありますが、PCはブラウザで操作でき動作も軽いため使っております。

follow us in feedly

「私的名盤紹介」管理人Twitterをフォローする

私的名盤紹介トップページをはてなブックマークに登録する

「私的名盤紹介」トップページをはてなブックマークに追加

「私的名盤紹介」管理人によるはてなブックマークを見る

管理人が普段見ている音楽系サイトで、気になる記事について、日々 「はてなブックマーク」を使ってコメントを付け、まとめております。 当サイトであまり取り扱わない音楽ジャンルの記事、年間ベスト、評論など雑多に取り扱っています。フォロー頂けると嬉しいです。

私的名盤紹介はてなブックマーク

「私的名盤紹介」管理人Twitter

TweetsWind

にほんブログ村ランキング(CD Review)

もし記事を楽しんでいただけましたら、お手数ですが 下の「このブログに投票」のところをクリックしていただけると大変嬉しいです。 投票はランキングに反映されます。

RSSリンクの表示

Ninja Tools(アクセス解析)

検索フォーム

相互リンク 音楽系レビューサイト

このブログをリンクに追加する

現在の閲覧者数

現在の閲覧者数: